【バンコク、ソイカのゴーゴーバー『CRAZY HOUSE(クレージーハウス)』に潜入!】

Pocket

プロンポンに新しく近代的なモールがオープンしていて驚いた。プロンポンの有名モール「Emporium(エンポリアム)」のBTSを挟んだ向かいに「EmQuartier(エムクオーティエ)」なる奇抜なデザインのショッピングモールがそびえ立っており、たくさんの人が吸い込まれていた。バンコクは来るたびに新しい洒落た大型モールが出来ていて変化が目まぐるしい。成長が目に見える都市だ。後から調べると「EmQuartier(エムクオーティエ)」は2015年春にオープンしたばかりのモールのようだ。モールの地下を訪れると流行の飲食店が軒を連ね、大いに客足を集めていた。

広告

0673

(「EmQuartier(エムクオーティエ)」の入口)

0674

(「EmQuartier(エムクオーティエ)」本館と別館と中庭)

0677

(「EmQuartier(エムクオーティエ)」で人気だったLarge Fried Chickenの「HOT STAR」)

モールを徘徊して発見したAISショップに訪れた。帰国までの3日間のバンコク滞在中にデータ通信ができるようSIMカードを買うためだ。小生が選んだのは、1週間有効の140MBのプランで、SIMカード代50バーツ+インターネット代70バーツの合計120バーツだった。結論から言うとAISのデータ通信は通信速度も電波状況も不満はなく、小生にとって3日間で140MBの容量は十分すぎるほどだった。

広告

ホテルに戻ると部屋の準備はできていた。満室のため無料アップグレードとなり、部屋はスイートルームになった。その代わり翌日は予約クラスの部屋に移る必要があるとのこと。スイートルームは18階の角部屋にあり、ドアを開けたところに一部屋、その奥にベッドルーム、シャワー・浴槽がある大きな浴室もあった。さすがのスイートルーム、部屋の設備は良いし、眼下には大都会の風景が広がっており眺めも良い。ソイカウボーイ近くの有名レストラン「Puangkaew」へ行ってみることにした。ソイカから歩いて10分もかからず到着。19時過ぎに入店すると八割がた席が埋まっており、驚いたことに客は全員日本人だった。蟹のカレー炒め、トムヤムクンヌードル、カオパットと欲張って頼んでしまった。もともと食べきれる量ではないが、蟹のカレー炒めとカオパットは油っこくイマイチで、大半を残してしまった。ミネラルウォータを含めて500バーツ弱ほどだった。残念ながら、その辺の屋台で食べたほうがコスパも満足度も高いと思った。ここ「Puangkaew」が何故これほど流行っているのか不思議だ。

0675

(「Puangkaew」で食べた蟹のカレー炒め、トムヤムクンヌードル、カオパット)

0676

(ソイカウボーイのネオンと客の多さは変わらず)

20時ごろ、以前から偵察してみたかったソイカウボーイのゴーゴーバー『CRAZY HOUSE(クレージーハウス)』に入店。2013年8月にオープンして以来、評判となっているゴーゴーだが小生はまだ訪れたことがなかった。聞くところによると、全裸で踊っていてけっこうレベルが高い、いま一番勢いがある、ロリがいるなど良い噂、ママさんのぼったくりが酷いなど悪い噂、何かと話題が多く気になっていたゴーゴーだ。まだ20時なのにすでに八割がた席が埋まっているのは流石だ。邦人客がほとんどで、あとはファラン客がちらほら。ステージ近くのスツール席を見つけ腰を下ろした。ビールを注文した(160バーツ)。ステージ上は12~13人のゴーゴー嬢、全裸の子が大多数で、剃毛済みのヨーニは形がよく見える。素晴らしい絶景だ。デブや年増はおらず、平均点は高い。1~2人は気になる子がぱっと見つかる。久しぶりのゴーゴーであっても非日常感は覚えなかったが、おバカ系ノリノリハウスを聞いていると楽しくなってきた。15分ほどするとステージ交代し、また12~13人のゴーゴー嬢が登場。先ほどと同じく平均点は高い。ムスっとした巨漢のママさんらしき中年女性がたまに小生の前に立ちふさがり女を選べとステージを指差すが、こちらもムスっとした顔で首を横に振るとしつこく勧めることなく立ち去った。巨漢はゴーゴー嬢を小生の元に連れて来ることもあったが相席を拒否すると引き下がった。

特に目を引いたゴーゴー嬢は61番と025番の娘で、どちらも抜群に可愛い。全裸でステージに立つ61番は色白でロリ顔で可愛いうえに、胸の膨らみが控えめなのも興奮させる。邦人にもさぞ人気がありそうだ。025番は可愛いかつ美しく、笑うと周囲が一気に明るくなるはつらつとしたタイ美女。今すぐ嵌りそうなほど魅力的だ。ビール小瓶とジントニックで160B×2の合計320B。1時間半の滞在でゴーゴー嬢らの絶景とおバカ系ハウスを楽しみ、久々のゴーゴー参拝に満足して21時半ごろ店を後にした。

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。