【バンコク&KL徘徊、編集後記】

Pocket

バンコクは1泊2日の滞在だったが4万円ほどの散財で、KLでは両替した2万円が多く余った。その他、バンコクは『Park Plaza Sukhumvit Asoke Hotel』の1泊で約8,000円、KLの1泊は友人宅でお世話になった。羽田とKLの往復は、エアアジア片道5,000円キャンペーンで購入したチケットだったので総額で14,000円ほど、スワンナプーム空港で急遽購入したバンコク発KL行きのエアアジア片道チケットが同じぐらいの値段だった。バンコクでの散財と航空券を現地で新たに買ったこともあり、旅の総額は12万円弱。

続きを読む

Pocket

【クアラルンプール夜遊び巡回】

Pocket

15時過ぎ、定刻どおりにKLに到着した。LCCTの入国審査では長蛇の列ができており、30分ほど並んでようやく入国できた。小生が並んでいる間に列の後続がもっと伸びていたから間が悪ければ40~50分待つこともありそうである。入国審査で指紋を採取するようになって、長時間待つことが多くなったようだ。迎えに来てくれたKL在住の友人と合流して、車で都市部へ向かう。しかし、運が悪いことに、この日はちょうど選挙制度改革を求める大規模な集会が行われており、KL中心部への移動が規制されていた。そこで、中心部から離れたタイ料理屋へ行くことに。とてもおいしいタイ料理で、蟹を食べたが2人で100Rだった。腹も膨れたし、友人の案内でKLの夜遊び巡回を開始した。

続きを読む

Pocket

【2011年7月ゴーゴーバー巡礼ナナプラザ】

Pocket

ソイカウボーイから10~15分ほど歩いて、ナナプラザに到着した。久しぶりのナナである。中庭のビアガーデンはきれいになって、しゃれたバービア群になっていた。そのバービアをうろうろしていると、可愛い子が目に止まった。その子に話しかけたところで、すぐ隣に去年ペイバーしたバービア娘のUちゃんを発見した。去年ペイバーしたUちゃんは可愛くないしデブっているが、ドスケベかつ床上手であり彼女のマンションで生のまま8回セックスしまくったことがある。怒涛のセックスを期待してUちゃんをペイバーすることにした。

続きを読む

Pocket

【2011年7月ゴーゴーバー巡礼ソイカウボーイ】

Pocket

19:45頃、巡礼前に空腹を満たすためソイカウボーイ『Baccara(バカラ)』の隣りのレストランでバーガーセットを注文した。このレストランには20時の各店オープンを待機しているような邦人客をちらほら見かけた。バーガーにフレンチフライにビールで200Bなり。バーガーの中にケチャップ、マスタード、マヨネーズをかけてかぶりつけばハッピーである。うまいバーガーセットに満足して店を出た。

続きを読む

Pocket

【プロンポン『エンジョイマッサージ』&『オーキッドマッサージ』潜入!】

Pocket

スワンナプーム空港で3000円だけ両替して、エアポート・レール・リンクのCity Lineに乗って街中まで出た。マッカサン駅でMRTに乗り換えて一駅。BTSアソーク駅近くのホテルにチェックインして荷物を置き、さっそく街に飛び出した。スクンビットを東方向に歩き、最初に向かったのはドイツ料理レストランの「Bei Otto」。

続きを読む

Pocket

【KL空港LCCTを経由してバンコクへ】

Pocket

今回、羽田空港はターミナル133と初めて1階の搭乗口だった。エアアジアらしくバスでの搭乗機までの移動である。搭乗機の到着遅れにより、30分ほど遅れて出発した。睡眠不足で疲れていたため、機内で爆睡しているとアッという間にクアラルンプール(KL)に到着した。30分遅れにも関わらず、定刻より30分早い6時の到着だった。外は暗い。以前KLに降り立ったときも思ったがKLの夜明けは遅い。よく考えるとその理由が分かった。経度はバンコクと変わらないのに、KLはタイより時差が1時間進んでいる。KLの朝6時は、バンコクの朝5時だから外がまだ暗いのも頷ける。

続きを読む

Pocket

【バンコク&KL、出撃前夜】

Pocket

6月にアンヘレス再訪していた時、スラタニーのBちゃんから複数回の着信があった。2ヶ月ぶりの着信だったので驚いた。もう会う気はないが、日本に帰国してから好奇心でSMSをしてみた。彼女は英語がまるでダメでSMSの返信はなかったが、彼女からの着信は続いていた。そんなある日、着信があってしばらくして折り返してみると、彼女が電話に出た。3月にスラタニーで会って以来、3ヶ月ぶりの彼女の声だった。なんて言うのか興味があった。彼女は「I miss you」とか「電話してくれて嬉しい」とか言っていた。小生はパブロフの犬のように反射的に「I miss you too」と返答した。また、日本語の勉強を続けているのか、日本語で「恋しい」と言った。その後も彼女からは忘れた頃に着信があり、9月になった現在もそれは続いているが、もう話すこともないだろう。

続きを読む

Pocket