【ジャカルタ、置屋街カリジョドの底辺で逸材を発見!】

Pocket

(注意:置屋街カリジョドは2016年2月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

トランスジャカルタに乗って始発のブロックM駅から終点のコタ駅へ。専用道路を走るトランスジャカルタであっても渋滞の影響を受けて、今回は2倍近くの1時間もかかった。コタ駅付近で捕まえたリキシャは前回と同じおじさんだった。前回3万ルピアだが、今回は2.5万ルピアで交渉成立しリキシャで置屋街カリジョドへ向かった。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、ブロックMのアカスリ店『Winners』に突撃!】

Pocket

12/28
ロカサリプラザ前の両替屋で2万円を両替し軍資金を作った。この両替屋は9:00~20:00の営業らしい。昼飯を取るためマンガブサール通り沿いにある「Depot3.6.9」に12時ごろに入ってみた。点心と麺を扱う中華料理店のようだ。注文したジャージャー麺はそぼろが少なくて寂しいし、まあまあの味だった。値段は4.4万ルピアで、サービス料と税を加算すると計5万ルピア。量も少ないし5万ルピアの価値はないと思った。トランスジャカルタのマンガブサール駅に向かった。昨日と違ってこの時は次々と車両がやってきた。車内はガラガラで座ってK-01線終点のブロックM駅まで30分で到着した。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、マンガブサールの車上置屋の仕組み】

Pocket

ロカサリプラザ近くのホテル「Prinsen Park」前で立ちんぼらしき女が4人固まって座っていた。立ちんぼかどうか見極めるため注視していると、女が目で合図を送ってきた。女たちに近づき、話しかけてみた。4人のうち中国人っぽい娘をターゲットに、値段を聞いてみる。50万ルピアの相手の言い値を40万ルピアと返すとすぐオッケーが出た。早く行こうとせかす彼女。しかし、女はすんげー擦れてそうだし若くもなさそうなので、立ち去ったら見事に悪態をつかれてしまった。連れ出さずに正解だったようだ。女たちはみんな20歳後半か30歳前後だろう。昨日と同じくホテル「Prinsen Park」1階のレストランに訪れた。昨夜小生が来たのを覚えていたようで、昨夜と同じく「コーヒーか?」と聞かれたがビールを注文した。置屋街カリジョドでの熱戦を回想しながらビールを味わった。ほろ酔いでホテルに向かう。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、連日訪問で置屋街カリジョド標準を知る!】

Pocket

(注意:置屋街カリジョドは2016年2月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

ナイトクラブ『King Cross(キングクロス)』を出て付近で客待ちしていたタクシーに乗り込んだ。行き先はもちろん置屋街のカリジョドだ。小生には夜の行き先はカリジョドしか考えられなかった。それほどカリジョドの虜になっていた。カリジョドは高速道路の降り場のそばなので高速道路を使えば予想外にすぐに着いた(高速代は9000ルピアだった)。多少遅れるかと思ったが、この日も19時ジャストに到着である。ケラパガーディンからわずか30分で着いたことになる。乗っている最中、ドライバーから「本当にカリジョドか?」と今回も行き先を再確認された。やはり外国人がカリジョドに行くのは意外らしい。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、ナイトクラブ密集のケラパガーディンに潜入!】

Pocket

12/27
今日の昼間はケラパガーディンを探索することにする。マンガブサールの長屋置屋を冷やかしてからトランスジャカルタのマンガブサール駅へ赴いた。しかし、トランスジャカルタがなかなか来ない。北に向かう反対方向は次々と来ている。15分ほど待ってようやく1台到着するも混んでて中に入れない。3台目で無理矢理、乗車できた。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、置屋街カリジョドで快楽と背徳の濁流に飲まれる!】

Pocket

(注意:置屋街カリジョドは2016年2月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

カリジョドでの早速の一戦を終えて、次の対戦相手を求めて徘徊を始めた。一昨日のカリジョド訪問で目星をつけていた子のところへ行ってみることにした。向かったのはカリジョドの南の入口に近い置屋。幸い、目星の子がいた。美少女といった顔立ちで小柄な娘だ。しかし、外観がどう見ても若い。同じ置屋には、もう一人同じくらい若そうな子がいる。目当ての子に対戦を申し込み、置屋の2階に上がった。

(この記事の続きは、電子書籍版に掲載しています)

 

Pocket

【ジャカルタ、置屋街カリジョドへ再会を求めて再突撃!】

Pocket

(注意:置屋街カリジョドは2016年2月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

12/26
朝、ホテルで友人がマレーシアに帰って行くのを見送った。ここからはいつもの一人旅となる。ロカサリプラザ近辺の両替屋で2万円を両替することに。レートは110.5で、もっとレートを上げてと言うと店員曰く土曜だからレートが若干低めとのこと。ホテル近くの食堂に入ってナシゴレン(1.5万ルピア)、アイスティ(1000ルピア)を頼んだ。日本円に換算して合計で145円ほど。ここに来てようやく現地の物価からして納得な価格での食事となった。ナシゴレンは甘さが控え目で辛さが効いた味付けでおいしかった。安いし味付けも悪くないし、この食堂はこれからも利用しようと思った。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、マンガブサールの車上置屋に突撃!】

Pocket

高級スパ『アレクシス』からタクシーでマンガブサールのロカサリプラザ周辺に戻ってきた。友人は今夜がジャカルタ滞在の最終夜。今夜、ロング志向の彼は車上置屋でのロング狙いのようだ。小生も一度は車上置屋のロングを体験してみようと考えた。T字路角の人気クイッティアオ屋で、なんとか空席を見つけて牛肉のスープとナシゴレンを注文。味はなかなかだった。昨晩は22時に車上置屋を訪れ、目星を付けた娘が2人ほどいた。車上置屋のオヤジの一人であるリチャードと昨晩話をしたところによると、夜はだいたい20時ぐらいから営業開始するとのことだった。そこで、今夜は20時過ぎに満を持して「RedStar Hotel」周辺にある車上置屋を訪れた。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、高級スパ『アレクシス』へ潜入!】

Pocket

(2017年11月19日追記:かねてよりジャカルタの新知事が『アレクシス』の閉鎖を明言していたが、2017年10月27日付けで『アレクシス』の営業許可取り消しが発令され営業停止となった模様)

コタインダーのバー『Grand LA』でコーラを飲みながら友人とこれからの行き先を考えた。我々には特に行く当てもない。そこで、一度覗いてみたいと思っていたジャカルタ名物の高級スパを社会見学することに決まった。コタインダーの近くにある有名高級スパは『1001』と『アレクシス』。最高峰スパとして名高い『アレクシス』は社会見学先としては申し分がない。道路に出て流しのタクシーを捕まえ、運転手に『アレクシス』と告げた。鉄道線路沿いの人通り少ない寂しい場所。タクシーが着いた先はそんな印象だった。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、コタインダーのバー置屋群へ突撃!】

Pocket

12/25
起きると全身に筋肉痛を感じた。特に腰の付近だ。アジアでの連戦に備えて日頃は水泳で鍛錬しているが、対戦では水泳であまり酷使しない筋肉を使っているせいかもしれない。友人とホテルを出て10時半ごろにT字路角のクイッティアオ屋に入った。この店はいつも混んでいる。屋台に比べると値段が高めだから中流以上の地元民向けの食事処のようだ。みんな食べているクイッティアオを注文した。甘味が強い。味は悪くない。クイッティアオとはタイで食すような汁あり麺ではなく、炒めた麺類のことを言うらしい。

続きを読む

Pocket