【中国河口、置屋『越南城』で癒される一戦!】

Pocket

3階のアイドルちゃんのいる置屋へ向かったが彼女はいなかった。置屋のおばさんが何かしきりに言っているが言葉が理解できない。買物にでも行っているのだろうか。2階の置屋群に比べると3階は勧誘が激しく無いのが助かる。3階の廊下を進み、奥の方で置屋のおばさんの勧めで中に入ってみた。そこには顔が田舎っぽく大人しそうな娘が立っていた。その娘を気に入った小生はOKして対戦することに。

続きを読む

Pocket

【中国河口、置屋『越南城』で最強女神と最終戦!】

Pocket

2016/09/07
朝起きて外を見ると豪雨だった。滞在中は連日の雨なのでこの時期は雨が多いのかもしれない。小降りになったり豪雨になったりを繰り返している。小降りになったタイミングに外を出て、いつものように「dicos」へ行きモーニングセットを注文した。ポテトバーガーは今日もないと言う。残念。8元(約120円)のチキンバーガーのセットを頼んだ。雨が止みそうに無いので、「dicos」隣のスーパーで折りたたみ傘を買った。たった20元(約300円)と安い!が、意外とちゃんとした作りの折りたたみ傘だ。

中国河口

(「dicos」のチキンバーガーセット)

続きを読む

Pocket

【中国河口、置屋『別館』戦とデリバリー戦で地雷二連戦!】

Pocket

(注意:河口の街中にポン引きが大量に徘徊していたり、裏路地に女たちが待機している置屋があるのは2016年9月時点の情報になります。その後、河口の取り締まりが強化されたため、状況が変わっている可能性があります。)

いつもの食堂で15元(約230円)のアイスコーヒー飲みながら休憩である。しばし休んで14:45頃に食堂を出た。向かう先は3階にいるアイドルちゃんだ。3階の置屋で無事にアイドルちゃんに会うことができ、一緒に個室に入った。いつものように美味しいそうに尺八してくれるのが良いし、しっかり長時間咥えてくれる。結合して抱き合いながらピストン運動すると、彼女はマシュマロみたいな柔らかい抱き心地で最高なうえにヨーニの結合具合も最高である。アイドルちゃんは逝きやすい体質のようで何度か震えて絶頂を迎えている。舌を絡めて接吻しながら腰を振っていると強い幸福感を感じた。彼女の絶頂に合わせて鬼突きして小生も果てた。

続きを読む

Pocket

【中国河口の置屋で炉利ハンターハンターと対戦!】

Pocket

2016/09/06
朝起きて外を見ると地面が濡れていた。しかし、雨は降っていない。毎朝恒例となったファーストフード「dicos」へ行くと、この朝の店員は感じの良いおばさんの方だった。また、昨日は無かったモーニングセットのメニューがディスプレイされていた。先日食べたポテトバーガーの写真を見せるも無いとのこと。なので、次点であるチキンカツバーガーを頼んだ。8元(約120円)なり。ゆっくりと朝食を取った後は河口の街を散歩した。

中国河口

(中国河口の午前中の街並み)

続きを読む

Pocket

【中国河口、置屋『越南城』で馴染み嬢たちと連戦!】

Pocket

(注意:河口の街中にポン引きが大量に徘徊していたり、裏路地に女たちが待機している置屋があるのは2016年9月時点の情報になります。その後、河口の取り締まりが強化されたため、状況が変わっている可能性があります。)

15時から1時間ほどいつもの食堂でアイスコーヒー(15元)を飲みながら休憩した。16時過ぎに手前の階段から3階へ。この時はなぜか廊下に女があまりいない。アイドルちゃんもいなかった。一度ウロウロ徘徊してからもう一度3階へアクセスしてみた。今度はアイドルちゃんがいた!2階の最強女神からアイドルちゃんに何か連絡がいってないか心配で思わず小生の顔が引きつった。アイドルちゃんに笑顔で迎えられ、どうやら大丈夫そうだ。

続きを読む

Pocket

「アジアン王国 Vol.12」発売

Pocket

2017年9月30日に発売された「アジアン王国 Vol.12」を発売当日に近所のコンビニ・スリーエフで購入した。前号のVol.11はそれまでの690円から40円値上がりして税込730円だったが、今号のVol.12もその価格を維持して税込730円だった。雑誌「アジアン王国」は3カ月ごとの発売なので、最新号の中から過去に掲載済み記事の流用がどれほどあるか確認する作業も3カ月ごとのイベントとなった。

アジアン王国 Vol.12

続きを読む

Pocket

読者体験談:ジャカルタのアカスリ・マッサージ店『Winners』

Pocket

読者のMac様よりコメント欄に詳細な体験記を寄せて頂きましたので、こちらに掲載致します。ジャカルタはブロックMにあるアカスリ・マッサージ店の『Winners』の体験記になります。Mac様、詳細な体験記を記載頂き、大変ありがとうございました。

なお、コメントを投稿頂いたのは【ジャカルタ、ブロックMのアカスリ店『Winners』に突撃!】の記事になります。

続きを読む

Pocket

【中国河口、新館廃墟でのコンビニ感覚対戦は後の祭り】

Pocket

(注意:河口金明辺貿商場(通称、新館)は2016年4月に閉鎖され廃墟となり、2017年1~2月に新館は取り壊された)

2016/09/05
朝、ホテルの部屋から外を眺めると地面が濡れていて小雨が降っていたが、じきに止んだ。ここのところ早朝に雨が降りやすいようだ。朝9時半ごろ、定番の「dicos」へ行きモーニングセットの写真見せて注文した。8元(約120円)。うす~いチキンカツにレタスにマヨネーズが挟まったバーガーだった。熱々だしなかなかうまい。中国の大きな街でマクドナルドがあっても「dicos」を探してしまいそうなほどファンになってしまった。「dicos」の店内でモーニングセットを食べていたら、日本の曲が流れるから驚いた。こんな中国の片田舎でも日本の曲を聞く機会があるとは。

Hekou dicos

続きを読む

Pocket

【中国河口、天国と地獄ならぬアイドルちゃんと地雷娘!】

Pocket

(注意:河口金明辺貿商場(通称、新館)は2016年4月に閉鎖され廃墟となり、2017年1~2月に新館は取り壊された)

いつも食堂でいつものアイスコーヒーを注文した。濃いベトナムコーヒーにアイスを入れてチビチビ飲みながら1時間ほど休憩である。アイスコーヒー代の15元(約230円)を払って店を出た。もう性欲はほとんど残っていないが、昨日出会ったアイドルちゃんに再会したい。

Hekou

続きを読む

Pocket

【中国河口、置屋『越南城』で最強女神と再昇天!】

Pocket

置屋を出ると、廊下に最強女神がいた!呼び止められ口付けされる。惚れてまうやろっ!!「また戻ってくるから!」と彼女へジェスチャーしたら頷いたので伝わったようだった。最強女神とその場で2,3度口付けしてからバイバイ。やっぱり最強女神と対戦したいと思いを強くした。いつもの食堂には客が数名いたので、試しに初めての食堂に入ってみた。この食堂はいつも客がおらず、この日も小生だけしかいない。注文して出てきたベトナムコーヒーがすごく濃い!小生好みだ。チビチビ飲むアイスコーヒーってのも乙なものである。今日は一切の性欲が消滅するまで何度も対戦しようか。アイスコーヒーは15元(約230円)なのでいつもの食堂と同じ値段だった。が、この食堂はもう止めようと思った。氷が溶けた水を見ると汚かったからである。

Hekou

続きを読む

Pocket