【中国河口、置屋『越南城』で二連戦の後に3Pに挑む!】

Pocket

2016/11/24
9時間以上寝たのにまだ眠い。体の至る所が筋肉痛だ。シャワーを浴びて、朝9時過ぎにホテルを出た。日中は日射しが強いので半袖で良いが、朝は少し肌寒い。ミニバスに乗って街中へ。「dicos」でお馴染みのモーニングセットを頼んだが、うまく伝わらずチキンバーガー7元(約120円)、コーヒー7元(約120円)の注文となった。味はおいしかった。コーヒー飲みながらネットを楽しんだ。街中だとベトナムシムの電波が強くツイッターでも何でもさくさく見れる。「dicos」隣のスーパーマーケットに寄って、置屋突撃後に活躍するウェットティッシュ4.5元(約80円)、ピールのつまみとしてピーナッツ5.5元(約95円)を購入した。

河口のdicos

(「dicos」のモーニングセット)

続きを読む

Pocket

【中国河口、置屋『越南城』でアイドルちゃんと同日再戦!】

Pocket

18時ごろ『中国・越南城』の置屋フロア3階に向かった。お目当てのアイドルちゃんが見当たらないので廊下を奥に進んだ。すると、可愛い子を発見!その娘に捕捉されてみる。彼女は優しく微笑んでおり、外れ臭ゼロである!個室に案内されて、彼女に年齢聞くとムオイラムとのこと。お互い脱衣。彼女のヨーニの毛はうっすら生えてるだけで薄かった。横になるように言われ生尺してくれる。少し立ったところでゴムを付けられ尺八続行。しかし、立ったけど硬度が足りない。入れようとする間に萎えてくる。ゴムを外して生ヨーニに擦り付けながら乳首を舐める。ヨーニも舐めようとしたら制止されてしまった。覆い被さって彼女を見つめていると目を隠されてしまった。恥ずかしいようだ。素晴らしい。(*´∀`)ハァハァハァハァ また、口でゴムつけて尺八を続行。しかし、やっぱり硬度が足りず入れようとする間に萎えてしまう。すると、また尺八しようとする。なんて良い子なんだ。でも、出来そうに無いので小生からゲーム終了を告げた。明日また来よう。おばさんに100元(約1,700円)渡すと150元とか言ってるが無視して置屋を出た。

中国・越南城

(『中国・越南城』にあったフルーツ屋台)

続きを読む

Pocket

【中国河口、置屋『旧館』2階でベトナム娘と2連戦!】

Pocket

(注意:河口金明辺貿商場(通称、新館)は2016年4月に閉鎖され廃墟となり、2017年1~2月に新館は取り壊された)

いったん宿泊しているホテル「汉京酒店」に戻ってシャワーを浴びた。『中国・越南城』のすぐ隣なのでこういった時は便利だ。腹が減ったのでミニバスに乗って街中に行くことに。越南城の向かいで何かイベントをやっているようなので覗いてみた。大したことないと思いきや、長いアーケードが伸びていて店が延々と続いている。入口に近いほうは買い食い系や食料の屋台。アーケードを進んで行くと服とかダイエット器具とか何でもありの店舗。さらに奥のほうにはタトゥー屋や射的なんかもあった。

中国河口イベント

(『中国・越南城』の向かいで開催されていたイベント)

続きを読む

Pocket

「アジアン王国 Vol.15」発売

Pocket

2018年6月30日に「アジアン王国 Vol.15」が発売された。これまでは惰性で購入していたが、今号から買うのを止めたので内容は不明。前号のVol.14と同じく、今号も税込760円で大洋図書からの発行だった。

アジアン王国 Vol.15

 

Pocket

【中国河口、再訪の置屋『越南城』で馴染み嬢たちと2連戦!】

Pocket

2016/11/23
疲れていたせいか寝台で割とぐっすり眠れた。目を覚ますと朝の5時半、列車はまだ動いているがもうすぐ到着のようだ。朝6時過ぎに河口北駅に到着。駅を出たところ待機していたバスに乗り込み、2元(約35円)で街中へ向かった。終着の国境付近に到着するものの、まだ辺りは暗いし小腹がすいたのでバス停前の食堂で麺を食べた。7時にようやく空が明るくなり、早くも子供を学校に連れて行く親子を見かける。中国銀行のATMで3,000元を下ろし軍資金を作った。お金を下ろしてバス停に向かってる最中、ホテルから一人若い娘が出てくるのを見かける。一晩の仕事を終えての朝帰りのようだ。さらに、歩いているとちっちゃな背丈のピンクのミニスカートをはいた炉利が旧館に入ってくのを見た。彼女も朝帰りだろう。「後で行こう!」と心に決めた。河口に到着するなり夢のある光景を2度も見た。「やはり河口は良いっ!」気分が高揚してきた。

河口北駅

(河口北駅のプラットフォーム)

続きを読む

Pocket

【中国は広州を経由して昆明へ】

Pocket

2016/11/22
最寄りの駅に着くと朝に発生した東北沖の地震により、電車のダイヤが乱れている。電車の遅延もあり予定より少し遅れてフライトの90分前に羽田空港に到着した。今回は小生初の中国南方航空のフライトである。中国南方航空のカウンターは空いていて、すぐにチェックインが完了した。羽田から広州へのフライトだけでなく、国内線である広州から昆明のフライトも発券してくれたのは有り難かった。どちらのフライトも中国南方航空にしたのが良かったようだ。wechatを見てると9月に出会ったアイドルちゃんも最強女神ちゃんもメイメイもまだ河口にいるようなので彼女たちのために羽田空港でお土産を買うことにした。凝った土産は恐らく意図を理解してもらえないだろうから分かりやすいチョコレート商品に狙いを定め、マカデミアチョコとアーモンドチョコの詰め合わせを3つ購入。

羽田空港

(中国南方航空の機体)

続きを読む

Pocket

【2016年11月ヤンゴン旅、編集後記】

Pocket

中国国際航空の北京経由の羽田→ヤンゴン→成田の往復航空券は37,900円、Agodaで予約したホテル4泊分は50,800円、最終日のために当日Agodaで予約したホテル1泊分は4,800円、ネットで取得した28日間有効の観光ビザは50ドルで日本円にして5,382円、ATMで出金した現地通貨の日本円換算は77,545円。4泊5日の旅の総額は17.6万円だった。

続きを読む

Pocket

【ミャンマー娘Iちゃんと最終日を過ごして日本へ帰国!】

Pocket

2016/11/6
いつものように二人でブッフェ形式の朝飯を終えて部屋に戻った。満腹になった二人は生で交わった。この日は昼の12時までにチェックアウトする必要があるがフライトは夜。なので、彼女と過ごす場所を確保するためホテルを何処か予約することにした。彼女が安いところにしなさいと言ってくれる。前回宿泊したアローンブランチは満室だった。そこで、値段が手ごろなパンダホテルという場所にしてみた。12時前にチェックアウトし、フロントで彼女のIDカードを返してもらった。タクシーに乗り込み、パンダホテルに向かう。タクシーでIDカードを見せてというと、彼女のIDカードではないと言う!ママさんの娘のIDカードだと。その時は信じてしまったが、IDカードを見られたくなくて嘘をついたように後から思った。

続きを読む

Pocket

【ミャンマー娘Iちゃんにドキドキと勃起勃起が止まらない!】

Pocket

2016/11/5
まどろみの中、Iちゃんといちゃいちゃできるのはこの世の極楽だ。その流れで朝から生で交わった。朝の情事後、着替えを終えた彼女は、顔にはタナカを塗り、赤い民族衣装にツインテールの三つ編み姿で浴室から出てきた。最高!(゚□゚;)アワワワワワワワワワ なにこれ、すごく可愛い!(*´д`)ハァハァハァハァハァハァ すごく萌え萌えする!そして、すごくムラムラする!その激萌えの彼女を連れて朝食へ。3回目の朝食ともなると、彼女も慣れてきたようでブッフェ形式から好きなものをちゃんと選んで好きなだけ盛って食べるようになった。今から思えば、最初の朝食の時は警戒しているような感じだった。今日はIちゃんと映画を観に行こうと約束していた。地元からヤンゴンに遊びに来ている彼女の妹はママさんの家で暇にしているに違いない。「映画館に妹も誘ったら?」と彼女に提案した。後から彼女に聞いたら、妹は大喜びしていたそうだ。

続きを読む

Pocket

【ミャンマー娘Iちゃんの実家訪問とゴールデンロック観光!】

Pocket

2016/11/04
二人とも朝の7時前に起きて慌てて仕度をした。朝のビュッフェで軽く食べて1階に下りるとホテル前にタクシーが止まっている。「今日貸切ったのはこのぼろいタクシーじゃないよな?」と思っていたら、まさにそのタクシーだった。よく見ると昨日遊園地からホテルに戻るときに乗ったタクシーだ。Iちゃんは遊園地からホテルへ戻る最中に今日の貸し切りを交渉したようだった。7時半ごろにホテルを出発。「ユザナプラザ」近くで映画館の前を通った時に、「明日一緒に映画を見ようか?」と誘った。以前何度か一緒に映画を見ようと話していたためだった。「ミャンマー語が分からないでしょ?」と彼女は言うがまんざらでもないような表情だ。

続きを読む

Pocket