【逆襲のJちゃん、そして永遠の決別】

Pocket

3月にフィリピンに行ったことが4月になってアサワにばれた。小生から何かしらの情報が漏れたと思った。ただ、アサワの指摘する情報が詳細で、気味が悪かった。それからアサワとの冷戦が始まった。小生は当然、苦しい防戦一方だ。しばらくして発端はJちゃんが情報をリークしたためであることが分かった。2011年にJちゃんとの仲がアサワにばれたときにアサワとJちゃんはお互いのFacebookを知ることになったが、そのFacebookを通じてJちゃんが小生の渡比を告げ口したようだった。

続きを読む

Pocket

【2014年3月マニラ旅、編集後記】

Pocket

関空-マニラのセブパシフィック航空の航空券は往復で1.9万円と安く、ホテルはエアアジア系のエコノミーホテルである「チューンホテル」での3泊で1.0万円、現地での散財が4万円、旅の総額は約7万円だった。

続きを読む

Pocket

【失われたアジア旅の原点】

Pocket

10時半にチューンホテルをチェックアウトした。ホテル前で客待ちしているタクシーは空港まで500ペソと吹っかけてくる。相手にしないと300ペソまで下がったが無視してブルゴス通りで流しのタクシーに乗った。空港までメーターで150ペソだった。最後に手元に残った4500ペソをJちゃんにあげた。彼女は躊躇するような表情をみせたが、「いま仕事ないでしょ?」と言って受け取ってもらった。

続きを読む

Pocket

【2014年3月ゴーゴーバー参拝マニラ・ブルゴス二夜目】

Pocket

夜と朝に何度かJちゃんと生リンガで交わり、彼女の膣内で精子を放出し魂は天に召された。パレスホテルのレストランで朝食兼昼食を取った(計800ペソほど)。Jちゃんに何したいか聞くと映画が見たいと言う。タクシーに乗ってグロリエッタまで10分ほど、70ペソだった。彼女はふだん余裕が無くて映画を見る機会はあまりないのかもしれないと思った。小生らが見た洋画は220ペソ×2人。同じ作品でも3Dだと300ペソと高い。館内は案の定、寒かった。

続きを読む

Pocket

【2014年3月ゴーゴーバー参拝マニラ・ブルゴス一夜目】

Pocket

Jちゃんと朝の一戦を終えて、ブルゴス・ストリート沿いの2階にあるアメリカンなレストランで朝食を食べた。味はまあまあだが2人で900ペソと高い。ブルゴス界隈のレストランで食事をすると観光客プライスでいつも高くつく。チューンホテル近くの馴染みのマッサージ屋で小生は指圧を2時間、Jちゃんはスエーディッシュを2時間頼んだ。どちらも1時間300ペソで計1200ペソである。2時間の指圧で肩のコリは若干マシになった。マッサージ屋を出たのが15時半。食事もマッサージも終えると夜ゴーゴーバーが開くまでやることがない。

続きを読む

Pocket

【7ヶ月ぶりのフィリピン、そして再会】

Pocket

関西国際空港に到着するとセブパシフィックの出発は30分遅れとの表示だった。前回、関空を利用したときもセブパシのマニラ行きだったが今回も同じである。フィリピンでは性交マラソンに励むため体力が必要だ。バーガーキングで肉をがっつり摂取してからセブパシ機に乗り込んだ。セブパシのフィリピーナ客室乗務員がとても可愛くて、早くフィリピンで交わりたくてしょうがない気分だ。3-3列シートの機内は6~7割ほどの乗客率だった。

続きを読む

Pocket