【2016年12月ヤンゴン旅、編集後記】

Pocket

フィリピンやタイは直接的で魅力全開でいきなり嵌る人が多いと思うが、ミャンマーは女の子にしろ、料理にしろ、体験すればするほど良さに気付いて嵌るのかもしれない。ミャンマー娘は、インド、中国、タイと色んな血がミックスしているのが幅広い魅力を生んでいる。街を歩いていてもインド系の濃い感じの美人、薄めのあっさりした顔立ちの可愛い子、色んなタイプがいて、そのうえ可愛い子や美人の確率はかなり高いように思う。料理はほとんど中華っぽいものや、タイと変わらないソムタムや、インドの文化を感じる紅茶やカレーなど、色んな文化の影響を色濃く感じる。女も料理もほとんど期待していなかったが、1回目の訪問で意外な良さに気付き、来る度に惹きつけられるようになった。

続きを読む

Pocket