【フィリピン&タイ周遊、編集後記】

Pocket

旅の後、Zちゃんから週に2回ほどSMSが届くようになった。筆不精の彼女にしたら快挙である。イサーン滞在を通じて、もうZちゃんと結婚するしかないという雰囲気かつ状況である。Zちゃんはとにかく家庭的だ。電話で話をすると、あなたのために手料理を作ってあげたい、と言った。パタヤでそうしてくれたように。こんな家庭的な女性と結婚したら幸せかもしれない。ただ、小生は旅を通じてZちゃんの夢から覚めた部分があり、彼女からフェードアウトしなければいけないと思い始めていた。しかし、彼女と電話で話すたび本当に幸せな気持ちになれた。と同時に、彼女と結婚するしかないと実感した。Zちゃんとパタヤで話し合ったように、毎月送金して、こつこつ結納金を貯めれば、あとは彼女と結婚するだけだ。

続きを読む

Pocket

【マカオは『Rio Sauna(リオサウナ)』を経由して日本へ】

Pocket

エアアジアでバンコクからマカオへ飛んだ。この周遊の旅の最終夜をマカオで楽しく遊んで、早朝に香港国際空港へ移動して、朝一の便で帰国する計画である。ただ、計画を立てた時とは大違いで、この時の小生はアンヘレスとパタヤの思い出に脳ミソを支配されており、感情がないロボットのように呆けた心境だった。エアアジアの機内で、一人の中国人親父がスチュワーデスに向かって大声でわめき散らしていた。何を言っているのか分からないが、機内食の販売が始まったところだから、機内食が有料なのが許せなかったのかもしれない。ゆったりしたタイからヒステリックな中華圏へこれから行くんだな~という実感は少なくとも沸いてきた。

続きを読む

Pocket

【情緒的で感動的な人生】

Pocket

耳の遠いおじいちゃんドライバーへパタヤの道案内に苦労して、Zちゃんの家に到着した。おじいちゃんの割りに高速道路は過激に飛ばしていたが。着いた頃には20時を回っていたが、当然のようにZちゃんは今日も仕事は休むとのこと。しばらく寝てから、友人ら2人と一緒に合計4人でハリーウッドへ行くことにした。Zちゃんは疲れていそうだったが、最後の夜である今夜はハリーウッドへ行こうと二人で話していたのである。Zちゃんには小生は相当のハリーウッド好きっていうことになっている。たしかに好きだが、だいぶ増幅されている気がする。

続きを読む

Pocket