【無限の性欲に飢える道】

Pocket

2013/7/15
朝もEちゃんと生リンガで全身全霊セックスに溺れて、自身が生きていることを確かめた。20歳のEちゃんの肌はすべすべで滑らかだ。胸は若々しい張りがある。体には無駄な贅肉がなく健康美に溢れている。Eちゃんの腰に手を当ててリンガを抜き差ししながら彼女の身体の美しさに見とれた。若さとは素晴らしい。彼女の若くて美しい時期を独占している責任や、彼女の新たな出会いを阻んでいる責任が小生にはあると常々感じざるをえない。

続きを読む

Pocket

【全身全霊セックス、小生はこのために】

Pocket

母親はパトゥムターニで下車して、小生らは13時にパタヤに向かって出発した。途中のサービスイン内のコーヒーショップでアイスカプチーノを買う。さっき1000Bを2枚渡して手持ちが足りなかったので200Bをもらって支払う。タイのアイスコーヒーやアイスラテはすごくうまく感じる。コーヒーが濃厚で苦味が強くて、氷が大量できんきんに冷えているのが最高に美味い。特定の場所で口にするものが驚くほど美味いことがある。香港のローカル食堂やインドで飲んだホットミルクティーも濃厚で異様に美味しく感じたのを思い出した。今回は渋滞もなくスムーズに2時間半ほどでパタヤまで行けた。15時半にいつものホテルにチェックイン。

続きを読む

Pocket

【Eちゃん家に冷蔵庫をタンブン】

Pocket

7月の3連休に1日休みを付けてEちゃんに会いに行くことにした。次回は母親の故郷であるスリンに一緒に行こうとEちゃんから持ちかけられ小生もそのつもりでいたが、今回は4日間と短い滞在のためパトゥムターニ1泊、パタヤ2泊とした。スリン行きは次回に持ち越しとなった。短期間の渡航で時間が惜しいので直行便を調べたところ、JALとANAの帰国便は、バンコク朝発、もしくはバンコク夜発の早朝着しかなく不便だ。値段はともに8万円前後。結果、時間帯の良い便があり、7.7万円と値段も悪くないタイ国際航空で飛ぶことにした。これまでの経験からタイ国際航空の客室サービスは良い印象があり、今回のフライトもその良い印象を継続させてくれた。成田発11:00のフライトでタイへ飛び立った。

続きを読む

Pocket

フィリピン無査証滞在期間の延長

Pocket

フィリピン好きには嬉しいニュース。フィリピンの無査証滞在期間が従来の21日間から30日間へ延長された。たしかに小生が今月フィリピンへ入国した際、スタンプには30日後の日付が記載されていた。これまでアンヘレスに3週間滞在していたような有閑な御仁は、今後1ヶ月間の滞在が可能だ。

続きを読む

Pocket

エアアジア、バンコク-シェムリアップ線就航

Pocket

これまでバンコクエアウェイズが独占して高価格路線だったバンコク-シェムリアップ線。以前、小生もバンコクエアウェイズでバンコクからシェムリアップへ飛んだ。しかし、2012年11月30日よりカンボジアアンコールエアー(K6)が就航し独占が解消し、さらに2013年10月よりいよいよLCCの巨人エアアジアがデイリーでバンコク-シェムリアップ線に就航する。今後は安くシェムリアップに行けそうだ。

続きを読む

Pocket

【2013年4月バンコク&パタヤ旅、編集後記】

Pocket

Eちゃんの人生に小生が迷い込んでから、彼女との関係にお金を持ち込んだのは小生だった。2012年秋のことである。お金がいずれ関係を壊すと予感していても、小生の独占欲がそうせざるをえなかった。毎月だいたい8,000Bを送金するようになり、やがて彼女は実家に帰り、サロンの学校に通うようになった。2013年の2月初旬のある日、彼女は毎月20,000Bを送金して欲しいと要望した。幾らでも良いと言っていた彼女が突然そんなことを言うので驚いた。ひょっとしたら両親からそう伝えるように言われたのかもしれないが、理由は聞かなかった。予感が現実となり、これでもうEちゃんと終わったと思いそれから小生からの連絡を絶った。が、10日ほどすると不審に思ったEちゃんから電話があり、その要望は取り下げられ彼女との関係は続くことになった。

続きを読む

Pocket