【ビエンチャン、ベトナムエロマッサ・置屋『Noi Nho』へ突撃!】

Pocket

2日目。前回のビエンチャン滞在でいつも世話になったサンドイッチ屋へ。朝食としてベーコンサンドイッチのフルサイズ(2.4万キープ)、アイスコーヒー(1万キープ)を注文した。やっぱり最高に美味い。炭火であぶったフランスパンは表面が芳ばしく中は柔らかい。思いっきりかぶりつくと、ベーコンや野菜やケチャップやマヨネーズが混然一体となって口の中に飛び込んでくる。至福である。まずは2万円を両替して(155万キープ)軍資金を作った。レンタル1日あたり2万キープの自転車を借りて、観光ついでに中心部から離れた遊び場を昼から回ることにした。日本では自転車に乗る機会がないので久しぶりだ。前回はEちゃんの実家で乗って以来の自転車だ。風を切って走るのは爽快だ!

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、ホテル置屋『ラオンダオ1』のロングで若い肌を堪能!】

Pocket

ホテルにチェックインして街中の両替屋を数件回ってみたがすでに閉まっていた。街の食堂でカオパット大盛り(2万キープ)、ラオソーセージ(1万キープ)、水5千キープを注文した。カオパットは美味しかった。ラオソーセージは香草が効いているのは好みだが油っぽくてイマイチだった。腹も膨れたので夜のお楽しみに突撃である。往復3万キープでトゥクトゥクと交渉して「La Ong Dao Hotel 1」へ向かうことにした。10分ほどで到着したラオンダオ1は2014年5月以来の3ヶ月ぶりだ。ママさんに前回訪問時と同じ部屋の前に案内された。ママさんがドアをノックをすると廊下に面した窓のカーテンが開いた。

(この記事の続きは、電子書籍版に掲載しています)

 

Pocket

【ハノイ経由で一路ビエンチャンへ】

Pocket

7月、1週間の休暇が急遽取れたのでビエンチャンへ行くことに決めた。5月にビエンチャンへ訪れて以来、再訪の決意が脳ミソに居座っていた。ベトナム航空の成田発ハノイ経由ビエンチャン行きの往復航空券はわずか5万円だった。最近はベトナム航空がかなり安い。ハノイ発ビエンチャン行きはラオエアラインのコードシェアだ。成田空港のベトナム航空カウンターでビエンチャンまで発券してもらった。定刻通り出発した機内は7~8割ほど席が埋まっていた。

続きを読む

Pocket

月刊誌「アジアン王」休刊

Pocket

9月に流れた噂は本当だった。「アジアン王」は2014年10月10日発売号(11月号)をもって休刊すると言う。創刊して12年だったとのこと。小生が「アジアン王」を知ったのが4~5年前ほど。「アジアン王」には色々と不満や言いたいことはあるが、手軽にアジア夜遊び情報が手に入る月刊誌が一つなくなるのは残念だ。

続きを読む

Pocket

【2014年4~5月タイ&ラオス旅、編集後記】

Pocket

早朝にタクシーを捕まえてドンムアン空港へ。エアアジアでクアラルンプールへ飛び、再び羽田行きのエアアジアに乗り込み帰路に着いた。小生がクアラルンプールを経由した数日後にエアアジアは拠点をLCCTから新たにオープンするKLIA2へ移る予定だ。廃止されるLCCTを利用するのはこれで最後になる。巨大な体育館のような安っぽいターミナルで飲食店が規模に見合わず足りていないようにいつも思っていたが、いざ廃止となると何度も利用したターミナルだけに寂しい気もした。

続きを読む

Pocket

【スクンビット・ソイ19でバイタク強盗に遭う!】

Pocket

ナナプラザからアソーク方面に向かってスクンビット通りを立ちんぼを観察しながら歩いてホテルへ向かうことにした。ホテルはBTSアソーク駅そばのターミナル21の裏手にある。近頃はスクンビット通りで黒人の立ちんぼを探すことがあるが、手持ちが足りない時やこの日のように情事を済ませた時に限って、そそられる立ちんぼ黒人娘を発見するものだ。欲情しながら探していた時には巡り会わなかったおいしそうな黒人娘を見かけた。2発昇天を済ませた小生は残念ながらその黒人娘と交渉することなく、アソーク方面へ歩き続けた。

続きを読む

Pocket