【ウドンターニ、サオファイデーン置屋で超擦れっ子と超天使に会う】

Pocket

(注意:サオファイデーン置屋は2014年12月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

このまま眠りについてはもったいない。21時過ぎにホテルを出て、サオファイデーン置屋の状況調査に向かうことにした。置屋へ向かう前にホテルに程近いバービア街『Day & Night』を覗いてみることにした。今日も客が少ないようでゆっくり歩いていると両側のバービアから勧誘の声が飛び交う。一番奥のバービアに昨晩ペイバーした娘がいた。彼女はぎこちなく遠慮気味に笑みを浮かべた。小生は手を振って気まずい気持ちでUターンした。そのままバービア街を後にしてサオファイデーンへ向かった。

続きを読む

Pocket

【ウドンターニ、アドゥンヤテート・ソイ2置屋の状況調査】

Pocket

(注意:ウドンターニの置屋は2014年12月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

朝9時にバービア街『Day & Night』前の食堂で洋風ブレックファースト(95バーツ)を注文し、相変わらず内容の充実ぶりに満足した。センタンは平日10:30開店らしく10時過ぎに向かうと開店待ちの人がたくさんいる。食堂でアイスカプチーノ飲んでからセンタンに戻った。昨日も世話になった両替屋へ行き軍資金を作る。ここの両替屋はパスポート提示を求められる。センタンでブラブラしてから昨晩も行ったレストラン『The Irish Clock』で昼食とビールを頂いた。ウドンターニの日中、外は暑いので食事するかビールかコーヒーを飲むかマッサージぐらいしかやることが無い。

続きを読む

Pocket

【ウドンターニ、バービア街『Day & Night』で19歳ウブっ子をロング!】

Pocket

今回の旅は7月20日から27日までの1週間。ビエンチャンにずっと滞在するか、ヴァンヴィエンかルアンパバーンに3泊ほどしてみるか、国境を越えてノンカイかウドンターニで少し遊んでみるか。取りあえずビエンチャンのホテルに支払ったのは2泊分、その2泊の滞在中も考えていた。ビエンチャンではホテルも食事も、当てにしていたローカル飲み屋であるハンノイの遊びも高かったので、タイに移動することにした。コストパフォーマンスが良ければビエンチャンで遊び続けてもいいと考えていたが1週間滞在すると高くつきそうに思った。ノンカイかウドンターニで悩んだが、最近の置屋遊びは低調というノンカイを避けて行き先はウドンターニに決めた。5月にウドンターニの置屋で親しくなったSちゃんのことが気になっていた。彼女はもうウドンターニにいないようだったが、それでも置屋がいまどんな状況になっているのか知っておきたかった。

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、ハンノイ(置屋)『Jennee Restaurant』へ突撃!】

Pocket

ハンノイ『Phaivanh Restaurant』を出て、自転車を西に走らせる。酔った身体に風が流れて気持ちが良い。スマホに入れた地図を見ながら多少、紆余曲折したものの目的の場所に到着した。目指していたハンノイは簡単に見つかった。ここは女の子が店先に数人座っていてすぐにハンノイであることが分かった。時刻は17時半頃。勝手が分かってきたので笑顔でずかずか入店し、女の子に案内されて席に着席した。見渡したところ女の子は10人ほど。ここもみんな10代中盤から20才前後のようで若い。しかも、可愛い子がちらほらいる。またまた素晴らしいオアシスを見つけたと高揚してきた。

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、ハンノイ(置屋)『Pa Phai Restaurant』へ突撃!】

Pocket

ベトナムエロマッサ『Noi Nho』から道なりに南下してすぐ到着した『ラオンダオ1』ホテルでカウンターの女性に試しに聞いてみた。女性曰く1泊500バーツと手頃なので、中心街から離れていて不便だが一度ぐらい試しても良いかもしれない。『ラオンダオ1』から進路を東に変えて2kmほど走って、通行量が多い幹線道路を南下した。このカンペンムアン通りは街中心部を避けて走るには格好の幹線道路らしく大型車両も多い。そんな大型トラックやバスの脇を激走してまで向かう目的地は、ラオス式居酒屋のハンノイだ。

続きを読む

Pocket