【ジャカルタ、置屋街カリジョドへの初突撃で衝撃を受ける!】

Pocket

(注意:置屋街カリジョドは2016年2月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

19時半にカリジョド探索開始である。「Best Western Hariston Hotel(ベスト・ウエスタン・ハリストン・ホテル)」付近でリキシャを下りたので置屋街カリジョドを北から入って店舗の多い南へ向かうルートとなった。川沿いに位置する500m強ほどの一帯はカリジョドと呼ばれるローカル置屋街で治安が悪いと聞いているので相当用心しながら足を踏み入れた。川沿いの道を歩くも最初は民家と売店が並ぶだけの庶民の風景だ。ここが目的の地なのか不安を覚える。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、ブロックM南の「Grand Wijaya Center」に潜入!】

Pocket

長屋置屋での一戦を終えて、昼飯は近くのパダン料理屋の食堂で食べてみることにした。郷に入っては郷に従うで、地元客と同じく手を使ってカレーなどを頂いた。味はまあまあ。パダン料理らしく二人で沢山の小皿を頼んで計16万ルピアだった。今日の主目的は夜のカリジョド突撃である。それまで時間があるのでブロックM周辺を散策することにした。長屋置屋近くの両替屋で2万円を両替し軍資金を作って(レートは112.5)、トランスジャカルタに乗り込んだ。一回の乗車で3500ルピアで、運賃は乗る距離は関係ない模様だ。マンガブサールから終点のブロックMまで30分ほどで到着。

続きを読む

Pocket

【ジャカルタ、マンガブサールの長屋置屋群に突撃!】

Pocket

12/24
小生らが宿泊する「ホテル88マンガブサールVIII」は朝食付きでの予約だった。10階にある朝食会場へ赴くと、朝食はバイキング形式で色々な食事が置かれているが、食欲が起きないレベルの見た目や内容である。コーヒーすらマズイと驚きのクオリティーであった。友人と共にホテルを出て、ロカサリプラザに向かうことにした。小生がSIMカードを手に入れたかったため、ロカサリプラザの2階にやって来た。ここは小さなカウンター形式のモバイルショップが多数ある。可愛い女の子のいる店でSIMカードが欲しいと伝えた。1週間のプランがあるらしいが、小生は今回10日間の滞在なので1週間だと足りない。そこで1カ月のプラン(2GB付き)のSIMカードを買うことにした。10万ルピアを支払う。小生のiPhone6へのSIM挿入とセッティングは店の女の子がしてくれた。

続きを読む

Pocket