【4年ぶりのサンボアンガ帰省】

Pocket

2018/03/24
ここ数年、家族がフィリピンへ帰省する際、小生は付き添っていないためフィリピンへ行くのは久しぶりだ。小生の渡比は、2015年7月のセブ島旅行以来となるので約2年半ぶり。なお、小生のサンボアンガ帰省は前回が2013年8月なので約4年半ぶりとなる。最近では家族がフィリピンに帰省する際はもっぱら午前中に出発する羽田-マニラのANAと決めている。このANA便なら昼過ぎにマニラ国際空港のターミナル3に到着する。ターミナル3はフィリピン各地にセブパシフィックが国内線を飛ばしており、昼過ぎの到着なら時間に余裕をもってマニラからサンボアンガへその日のうちに乗り継ぎが可能となる。ということで、都内から近い羽田空港からの出発で、かつマニラ国際空港のターミナル3到着となるとANAの一択になる。

続きを読む

Pocket

「アジアン王国 Vol.18」(最終号)発売

Pocket

2019年3月28日に「アジアン王国 Vol.18」が発売された。内容があまりに酷すぎるためVol.14を最後に購入するのを止めていたが、Vol.18が最終号となるらしいので1年ぶりに購入してみた。発行は大洋図書。定価はさらに値上がりしていた。月刊誌だった頃の「アジアン王」の最終号は税込600円、「アジアン王国 Vol.1」は税込680円、そこから徐々に値上がりし、1年前のVol.14の時点で税込760円、最終号のVol.18は税込840円となっていた。結論から言うと、上がったのは値段だけで相変わらず買う価値の全くない雑誌だった。よくも値上げできたものだと思うようなペラペラの薄い内容で、Vol.18まで生き永らえたことが奇跡的と思われる。

アジアン王国 Vol.18
続きを読む
Pocket