【2011年6月ゴーゴーバー巡礼アンヘレス二夜目】

Pocket

前回訪れてすっかり気に入ったステーキレストラン『Black Angus』に入り4人で食事をした。前回と同じ面子4人で1ヶ月ぶりの『Black Angus』である。相変わらずステーキは美味かった。そして、生ビールがキンキンに冷えてて最高の気分である。スープ、サラダバー、ステーキなどを平らげ満足し、さっそくバーホップを開始した。

『Cambodia(カンボジア)』
stay 20:40-21:50?
小さい箱である。この店にもチェリーガールがいたが、乳首が見えそうなほどきわどい水着姿で、男を挑発するような仕草はとてもチェリーに見えなかった。思わずJちゃんが「ワイルドで、チェリーじゃないみたい…」と呟いた。それを聞いた店のスタッフが「彼女はチェリーよ」とすぐさま擁護していた。途中、小生はひどい眠気に襲われ寝てしまう。入ったときは客がそこそこいたが、出るときにはほとんどいなかった。店を覗いてそのまま出て行くコリアや邦人を何人か見かけた。『カンボジア』はほとんど印象に残らない店だった。

『Forbidden City(フォービデンシティー)』
stay 22:00-23:30?
女の子は踊っていないし、そのうえ小箱や中箱のゴーゴーバーではショータイムがなく、すぐに飽きがくる。それじゃあと、大箱のショーが見たくなり、前回も訪れた『フォービデンシティー』へ。客はよく入っていた。ここはいつも盛況だ。大きなステージ上にたくさん娘はいるが、残念ながら体を揺らしているだけでまともに踊っている子は皆無である。死んだ魚のような目をした体を揺らす娘たちを見たいわけではなく、活き活きと踊る娘たちを小生は見たいわけである。しばらくすると、ショーが始まった。ポールダンスは、ダンサーが年増だったが、上手で楽しめた。そして、ルーティンのダンスショー。6~7人が元気良く踊っている。やはりダンスしている女の子は良い。真ん中で踊っている娘はダンスが上手くて可愛くてずっと目で追った。たくさんの娘がいるが、唯一バーファインしていいなと思ったのは彼女だけである。

その後にディスコ『Sky Trax(スカイトラックス)』へ。ひとしきり踊ってディスコを楽しんで、ホテルに戻ったのは1時半ごろ。ベッドで彼女を愛撫して、シャワーを浴び、そのあと強烈な睡魔に引き込まれて彼女と交わらずに寝てしまった。寝たのは3時ごろ。小生が熟睡している間、彼女は眠れないのかテレビを観ていたようだった。

0192

(『Forbidden City』のポールダンスショー)

0193

(『Forbidden City』のダンスショー)

0194

(『Forbidden City』のステージ上の様子)

翌朝、起きてシャワーを浴びてから、早速Jちゃんとセックスをした。角度を変えながら生で突き続けた。柔らかく激しく素早く深く、ダンスするように、そして延々と突き続けた。背中がびっしょり汗につつまれると、体が冷えないかと彼女はしきりに手で汗をぬぐってくれた。そんな彼女が愛しかった。彼女が疲れたと言うまで突き続けた。そして、長い時間、彼女と快感を共有した後、力の限り激しく早く腰を振って彼女の中で果てた。体中が汗に包まれ、顔から汗がポタポタ落ちて、彼女の身体に滴った。全ての体力を使い果たした小生はベッドに倒れこんだ。

しばらくして、ドアをノックする音が聞こえた。もう昼の12時を回っていたようだ。友人はホテルのレストランバーで連れの子と昼食を取ると言う。彼女と抱き合って話をして、シャワーを浴び、ホテル1階のレストランバーに着いたころは1時半になっていた。ホテルのプールを見ながら、遅めのブランチを取った。素晴らしい時間が流れていた。隣にはJちゃん、強烈な日差しの中、光り輝くプールが見えている。小生ははっきりと感じ取れる幸福感に包まれていた。彼女はPANSIT CANTONが好きなようでこの時もまた食べていた。食べ終わるころ急に雨が降り始めた。部屋に戻って、雨が止んでからプールに行くことにした。

ベッドに寝転がり彼女と話しているうちに二人とも寝てしまったようだった。起きて外を見ると南国らしくすっかり晴れて、友人は連れの子ともうプールで遊んでいた。Jちゃんはまだ眠そうだったので、寝てて良いよと言って、小生は着替えてプールへ向かった。3人でプールで遊んでいると、Jちゃんがベランダに出てきたのが見えた。「こちらに来たい?」と声をかけると「うん」と言う。どうやら一人で部屋にいるのが寂しいようだった。部屋に迎えに行き、プールで4人で遊んだ。まさにアンヘレスでの正しい昼間の過ごし方であるように思った。それぞれ部屋に戻って、しばらくしてから外出しようということになった。部屋に戻ってからまた彼女と交わった。セックスが終わったところで、ちょうど友人たちがドアをノックした。

0195

(『Wild Orchid Resort Hotel』のプール)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。