【1年ぶりのパタヤのソイ6置屋へ突撃!】

Pocket

スワンナプーム空港で1万円だけバーツに両替して、すぐにバス乗り場に向かった。9:50頃だったが、10時発のバスは一杯で次は11時発のバスというのでそのチケットを買った(124B)。人気があるようで11時発のバスも満席だった。パタヤに入ってから渋滞に捕まり、2時間半ほどで終点のバスターミナルに到着した。サウスパタヤからビーチロードのソイ4にある『Hotel Vista』までバイタクで移動した。150Bと言うが値切ると120Bになった。到着したのは14時ごろだったが、問題なくチェックインすることができた。ホテルはとてもきれいで洒落た館内だった。チェックイン時にフリードリンクやフリーWIFIのクーポンなど色々渡される。シャワーを浴びて15時ごろホテルを飛び出した。ソイ6入口のレストランで肉炒めのせご飯を食べるが、やたら辛い!50Bとミネラルウォータ12Bで62Bなり。

0282

(『Hotel Vista』の客室)

0283

(『Hotel Vista』の客室)

0284

(『Hotel Vista』の客室、ベランダからは向かいのホテルが見える)

0285

(ソイ6ビーチロード側の入口にある食堂)

ソイ6に入って20~30歩ほど歩いたところですぐに美人を発見した。即決して店内に一緒に入る。この子は背が高かく、ヒールをはいているせいで小生とあまり背丈が変わらなかった。一緒に飲んで話しながら彼女の手の甲を触ると少し骨っぽかった。なので、レディーボーイだと思った。ビールを一杯だけ飲んで店を出た。2ndロードの方向へ向かって歩く。しばらく行ったところで、左手のある店で一人だけ私服の子に目が留まる。とってもスリムな女の子だ。ジーンズ姿だが、若くてかわいい!私服姿だけど目配せすると大丈夫そうなので一緒に店内に入る。年齢は19歳と若い!しかし、若いが1年3ヶ月ぐらいこのソイ6に出入りしているという。学校が休みだから今日は来ているとのことだった。彼女は日本語が少しだけ喋れた。あと3ヶ月で学校を卒業して、センタンで働くとのことだった。名前はなんと去年嵌ったゴーゴー嬢と同じだ。キスがしっとりしていて上手だし、美味しい。さらに彼女の可愛さにやられた小生は、もう彼女とセックスしたくてたまらない。ダメ押しに彼女はお約束の股間を擦って刺激してくる。値段を聞くと部屋300Bに彼女に1000Bと高い。が、彼女と早くセックスしたい小生はすぐに承諾して上に行くことに。入った部屋はわりと大きかった。お互いシャワーを浴びてベッドイン。エロいキスを味わって、小さなおっぱいをもみ、乳首を舌で転がす。彼女は気持ち良いと少しだけ息が荒くなってきた。クンニしようとすると、おいしくないよと少し彼女はためらったが、小生は構わず舌であそこを舐めあげた。奥まっていて小さな栗だが、舐め続けていると、しばらくして彼女は絶頂に達した。彼女が生尺八をしてくれたがどうも立たない。初日なので弾はフル装填状態だが、焦ったり緊張したりすると立たないことがままある。彼女がゼリーのようなものをつけて手でリンガを擦ると立ったのでゴムをつけて挿入した。体位を色々変えて一頻り突いた。正上位で彼女のひざに手をつけてリンガを出し入れする光景は素晴らしく絶景だった。彼女がいきそうと言うので高速ピストンで一緒に絶頂を迎えた。彼女は明日学校があるが終わったら電話して店で会う約束をした。すっきりしてソイ6を出たのは18時ごろ。屋台で買ったパイナップル(10B)と青いマンゴ(20B)をほおばりながら、ぶらぶら歩いた。出だしは好調だ。マッサージ屋に入りたいところだが、20時の巡礼開始を考えると時間がない。そのままウォーキングストリートへ向かった。

0286

(ソイ6置屋のやり部屋、この部屋は広かった)

0287

(ソイ6置屋のやり部屋)

0288

(夕暮れ時のビーチ、ソイ6近く)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。