【バンコク、アソークのマッサージ屋でロング!】

Pocket

BTSでトンローからアソークに戻って、タイマッサージ屋に入ることにした。タイに来たらタイ飯とタイマッサージは欠かせない。ソイ23で幾つかのマッサージ屋を確認して、その中から一つのマッサージ屋に入ることにした。この付近は普通のタイマッサージ屋であるもののエロいお誘いが期待できる店が多いという。選んだ店先には30歳代や40歳代と思われる4,5人ほどの女たちが暇そうに座っている。店に入ってタイマッサージ1時間を頼んだ。時刻は18時、タイマッサージを19時に終えたら食事をしてからソイカのゴーゴーバーに突撃するつもりである。

2階に上がり着替えてから待っていると、ぽっちゃりしてるものの顔がきれいでかわいい30代と思われる女性がやってきた。しかも見事な巨乳だ。彼女が年齢を言いやすいよう小生の年齢から伝えた。小生は見た目が若いと言われるがけっこう年をとっているので事前に小生から年齢を言うと、そのギャップから安心感を生み女性が実年齢を言いやすい効果がある。彼女はAちゃん34歳。足のマッサージから開始。彼女はマッサージ中ずっと微笑んでいて非常に良い雰囲気だ。マッサージを受けながらAちゃんのたわわに実ったおっぱいを凝視した。手コキだと一時的に性欲は収まったように感じられるが対処療法に過ぎずその実、荒ぶる性欲は凶暴さを失っていないことをこの時初めて知った。小生の妄想が止まらない。Aちゃんの巨乳を揉みまくって揉みまくって ハァハァハァハァ 揉みまくって揉みまくってリンガを挿入したい。彼女にブンブンを誘ってみるとここでは出来ないとのこと。「小生のホテルは?」と誘ってみるとまんざらでもなさそうだ。値段と条件の交渉を進めると、店にマッサージ代を含めて1000B、彼女に2000B、朝5時まで、と言うのを朝9時までとお願いしてみる。「どうして?」と彼女、「あなたと一緒にいたいから」と伝えるとOKをもらえた。今夜はもちろんゴーゴー巡礼の予定だったが、どうしても彼女と結合したいという欲望は抑えられそうになく持ち帰りが決まった。交渉がまとまってからは抱きついたり話したりでマッサージは一切なくなった。ビールを頼んで彼女にも少し飲ませながら1時間が経ち1階へ降りた。19時にペイバー代を払ったのは初めてである。しかも、マッサージ屋で払ったのも初めてである。彼女は20分後にホテルに来るとのこと。

先にホテルに戻り彼女を待った。が、30分待っても彼女は来ないので騙されたと思った。1分でも時間が惜しい小生はゴーゴー巡礼のためソイカに行くことに。ついでにソイカ近くの先ほどのマッサージ屋に寄ってみると、彼女がいた!小生がタイ語でソイ11と言ったのがソイ18と聞こえたらしく違うソイでホテルを探してたとのことだった。おかしいと思い彼女もマッサージ屋にいま戻ったところのようだ。二人でタクシーに乗り込みホテルへ。最初からこうすれば良かったのである。さっそくベッドイン。電気を消してとか、ディープキスが下手だったり、コンドームある?という確認が念入りだったり、クンニがダメとか年齢の割にすごく恥ずかしがりで保守的だ。しかし、初々しく、慣れてない様子が逆に小生を興奮させた。ゴムリンガを挿入しガシガシ突いてると腕や背中を握り締め爪を立ててくる。Aちゃんは快感に慣れていないようだ。小生が愛撫する際、彼女は声を殺してるが、リンガで突くと苦しそうに喘いだ。男心をくすぐる女だ。さらに、ぽっちゃりしていて抱き心地が良い。何度も突いていると彼女は強く爪を立てて何度か絶頂を迎えたようだった。最後に激しく突いて二人同時に昇天するとしばらくそのままの姿勢で余韻を味わった。ルームサービスで夕食を済ませて2回目のセックスをした。2回目のセックスが終わると彼女からは結婚しようと何度も言われる。最初は冗談と思ったが余りの執拗さに本気だと思い直し動揺した。朝までセックスし続けたいところだが強烈な睡魔に抗えず眠ることに。早朝に目が覚めて交わった。起きてからは3回のセックス、昨晩と合わせると5回のセックスである。朝2回目と3回目は、生リンガで挿入して生でヨーニの感触を堪能したが、彼女に「ゴムは?」と指摘を受けて途中でゴムを装着した。やはり生は最高に気持ちいい。タイ滞在2日目だが回数をこなすと逝き辛くなり、早くも汗と精液の時間(汗まみれ精液まみれでとりつかれたようにセックスする時間帯のこと)が訪れた。朝の3回目では最初嫌がっていたクンニまでさせてもらえた。クンニしてから生リンガ挿入するととろけるような柔らかさと良く濡れたヨーニでサバイマークである。彼女は朝10時から夜0時までが仕事らしいが、結局バイバイしたのは朝11時半。途中でマッサージ屋から電話が来ていた。今夜も会おうと話し合って彼女は部屋から出て行った。彼女が去った後、鏡でを見ると体には彼女の爪による傷が無数に、首には大きく内出血したキスマークが無数に残されていた。Eちゃんと会うまでに消えると良いのだが。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。