【ウドンターニ、サオファイデーン置屋でラオ娘と結合!】

Pocket

(注意:サオファイデーン置屋は2014年12月に壊滅した→「壊滅情報まとめ」参照)

10時ごろホテルを出て、95バーツの洋風朝食セットを食べた。同じ値段のパタヤの朝飯セットよりだいぶ質も量も良い。ベーコンは肉厚でうまい。ウドンターニはファランが多く洋食を手軽に食べられ、地方だけに物価も安く、この時は過ごしやすい気温で快適な滞在である。朝食を食べ終わると滝のような雨が降り始め、2時間ほどで止んだ。雨季のシーズンがこれからやってくる前触れか。大してやることがないので、ビールを呑んだり、昼メシ食べたり、センタンぶらぶらしたり、コーヒーショップでネットしたり、駅前のモールを冷やかしたり、のんびり過ごした。日が暮れて涼しくなったのでTOT前の置屋とソイ2置屋へ散歩をしながら向かうことにした。どちらの置屋街もトップマンションから歩いて10~15分ほどの距離だ。

0468

(『Day & Night』近くの食堂で食べた洋風朝食セットは満足度高い)

まずは昨晩のソイ2置屋に寄ってみたが18時半はまだ準備中だった。次に向かったTOT前のサオファイデーンには18:45に到着。ソイの左右に計5軒の置屋を確認した。それぞれの置屋を覗いてみると、まだ娘たちが化粧中だったり準備中の置屋が多い。恐らく20時以降に訪れるのが良いのだろう。失敗したくないので、空腹状態でカマグラを半錠服用した。ソイ突き当たりの置屋は娘が一人だけ。もう一人娘がいるが邦人客と対戦中とのことだった。ここの置屋は娘が熱心に遊んでいってとアピールしてくるので悪い気はしない。彼女はなんと15歳とのことだが、好みではなかったのでパスした。

ソイに入って少し進んで左手にあった置屋は10人ほどがスタンバイ。第一印象は、これ大丈夫なんだろうか?全員が子供に化粧をさせたように幼く見える。選べる子が3人ほどいた。事前に調べておいた通り「400バーツ?」と親父に聞くと、そうとのこと。しまった。試しに「300バーツ?」と聞けばよかった。一人を選んで400バーツを親父に払った。

女の子に促されてベッドがあるだけの殺風景な小汚い小部屋に入った。待合室のすぐ隣りで、声を出したら多分丸聞こえだ。彼女はシャワーを浴びに行き、小生はシャワー無しで彼女を待った。ベッドは中央が凹んでいて弾力性はゼロである。シーツはシミだらけで洗濯するという概念は無さそうだ。彼女は背が小さいし、顔がすごい小さい。いったい幾つなんだろうか。年齢をしつこく聞いても50歳とはぐらかして教えてくれない。ただ、あそこはしっかり陰毛が生えていた。ラオス娘は若く見えると聞いたこともあり実年齢は分からないが、この子も待合室にいた子たちも外見は15,6歳ほどに見えた。向かい合って座った彼女は手で小生のリンガをしごき始めた。しごいている間、彼女はハァハァハァハァと喘ぎ声を演技している。誰が教えたんだろうか。手でリンガを勃起させゴムを付けられて彼女はゴロンと横になった。流れ作業のように小生は正常位でズブリと挿入した。後はひたすら腰を振るのみだ。彼女は小生の腰に手を当てていて、腰の動きを止めることは許さない。15分ほどの結合作業の後、エレクトした。情事の最中、彼女はじーっとこちらを見るだけだった。若そうなだけに冷凍マグロちゃんだった。汗を引かせるため扇風機に当たっていると早く小部屋を出るよう彼女に促された。チップの100バーツを彼女に渡して置屋を出た。運動で汗をかいた爽快感はあるが、全く高揚感のない情事だった。やはり昨晩の置屋体験が希有だったようだ。小生は早い時間帯に訪れたが、サオファイデーンはこれから準備が終わった置屋からピンクの灯りが燈るのだろう。

0469

(サオファイデーン置屋のやり部屋)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。