【クアラルンプールのエロマッサにて、タイ娘に引き寄せられて】

Pocket

「AKPラッキー」の待合室から奥に案内された。中は薄暗くカーテンで仕切られた区画がいくつもあった。そのうちの一つに案内され、中で彼女を待った。両隣の区画ともカーテンで区切られているだけで、客や女の話す声が時折聞こえた。数分ほどして彼女がやってきた。彼女は服を脱ぎ始め、背を向けたまま全て脱いでバスタオルを腰に巻いた。小生も負けじと服を全て脱いで渡されたバスタオルを腰に巻いた。彼女は入ってきてから同じ単語をずっと繰り返している。が、笑顔だ。何を言っているか分からないが、言い方から察するに笑顔でなじられているような気がした。小生は悪い気はしなかった。彼女は小生の腰に巻いたバスタオルを引っ張ったり、体をくすぐったり、ハイテンションなキャピキャピ娘だった。小生はこの手の娘にすこぶる弱い。小生はもう彼女のことを好きになり始めていた。

続きを読む

Pocket

【エロスポットが身近なクアラルンプール、エロマッサへ突入!】

Pocket

20分ほどエアアジア便はディレイした。ドンムアン空港からクアラルンプールのLCCTへ飛んで、タクシーに乗り込んだのはちょうど18時ごろだった。友人が住むKL中心街から車で20分ほど離れた地区をタクシーの運ちゃんに伝えると、90リンギットとのことで友人に教えてもらった相場内だったのでOKした。タクシーが高速道路に入るとすぐに土砂降りの雨が降り始め、付近でたくさんの雷が何度も落ちるのを目にした。街中に入ると高速道路が延々と渋滞しているのが見え、下道に下りて目的地を目指すも道は混んでいる。渋滞がなければ1時間ほどで着くらしいが、結局2時間ほどかかって到着した。ここKLでは渋滞が頻繁に発生し、また渋滞の発生パターンが読めないらしい。バンコクで年末カウントダウンを一緒に楽しんで会ったばかりの友人に再会し、食事をしながらこれからのエロ出撃先を話し合った。

続きを読む

Pocket

【結婚届けを出そう?】

Pocket

14時ごろにホテルを出て、プロンポンの食堂で遅い昼食を食べた。Eちゃんは水上マーケットに行きたかったようだが、最終日に言われても計画のしようがなかった。バンコクの主要なお寺はEちゃんも行った経験があるし、小生も行ったことがある。ショッピングモールだと変わり映えしないし行き先がなかなか難しい。そこで思いついたのが、水族館。

続きを読む

Pocket

【外に出すべきか中に出すべきか】

Pocket

2013/01/01
朝も生リンガで交わった。エンポリアムで友人とその連れを含めた4人で食事をした。この日KLへ帰国する友人は連れの娘とともにタクシーでスワンナプーム空港へ去って行った。小生とEちゃんはBTSでセントラル・ワールドに向かった。セントラル・ワールドの総面積は55万㎡と東南アジア最大のショッピングモールらしく、マニラのモールオブアジアの39万㎡と比較するとその巨大さが分かる。セントラル・ワールド内を少し徘徊した後、映画を観ることになり最上階を目指した。映画を観終えたら帰ろうねとEちゃん。セントラル・ワールドを少し歩き回っただけでもうお疲れのようだ。上映されている映画の中から「ホビット」を観ることにし、ちょうど良い開始時間なのが豪華仕様シートのスクリーン(ドリンクとポップコーン付きで2人で600B)だった。上映時間が170分と長い映画で観終えると20時になっていた。セントラル・ワールド前は巨大なクリスマスツリーやイベント会場が設置されていて綺麗で人で賑わっていた。BTSでプロンポンに戻って、タイ料理の食堂へ。塩卵のソムタムは良かったが、カレー味のカオパットはべちゃついていてイマイチ。大瓶のビールなども頼んで200Bちょっとと安くて総じて美味しい。夜も生リンガで交わって寝た。

続きを読む

Pocket

【バンコクの年末カウントダウン】

Pocket

タクシーは高速道路を飛ばしまくり21時にはバンコクに到着することができた(300B)。途中、年末の夜とあって至るところで夜空に開く花火が見えた。大晦日の当日に友人にホテルを探してもらい辛うじて予約できたのがスクンビット・ソイ26のFour Wings Hotelだった。チェックインを済ませて、友人とその連れの娘が待つ部屋に向かい落ち合った。

続きを読む

Pocket