【2011年6月ゴーゴーバー巡礼アンヘレス一夜目】

Pocket

この日をどれだけ待ちわびたことか。出発の1週間前を切ると、落ち着かない気分だった。しかし、出発当日、早朝4時起きの寝不足で脳ミソが働いていないせいか、フィリピンへ行く実感が全く沸かない。ボーっとした状態でチェックインと出国手続きを終えた。搭乗したフィリピン航空機は、1人の客の搭乗待ちで10~20分ほど遅れて出発した。

広告

相変わらずマニラ空港第2ターミナルのイミグレーションエリアは窮屈で混んでいた。PM1時半すぎに空港を出て、予約しておいたタクシーでアンヘレスへ向かう。アンヘレスまで距離にして約80km。一分一秒でも早くJちゃんに会いたい。気持ちは逸るが、マニラの高速道路に取りつくまでが大変だった。どこもかしこも渋滞していて、1時間半ほどかかってようやく高速道路に取り付いた。そこから高速道路を走って1時間ほどでアンヘレスは『Wild Orchid Resort Hotel』に到着。すでにPM4時過ぎになっていた。チェックインを済ませて、すぐにJちゃんに電話すると、近くのインターネットショップにいると言う。

ホテルのロビーで落ち着かなく待っているとすぐに彼女はやってきた。愛しのJちゃんがホテル前の道に立っていた。表に出て彼女を抱きしめた。ホテルのバーで食事を取ることにした。小生はてっきり店に行ってバーファインするのかと思っていたが、最近は店に行っておらず働いていないと言う。1ヶ月ぶりに会う彼女を見つめてると、何か話してと恥ずかしそうな表情を見せた。彼女は眠いというので一緒に部屋に上がった。なお、ここで食べたチーズバーガーはファランを相手にしているだけあって、肉肉したパテでけっこう美味しかった。

久しぶりの彼女とのキスは柔らかくてロマンチックだった。彼女は恥ずかしそうに「生理でHが出来ない」と言う。ひょっとすると滞在中の4日間、Hが出来ないんじゃないかと心配になった。彼女は毎月第一週が生理らしく、今度来るときは第二週か第三週目にしてと言った。ただ、1ヶ月前に彼女と交わった際、ピルがなかったと言っていたので気になっていたが、妊娠していないのが分かりその点は安心した。彼女としばらく昼寝して20時ごろからバーホップする。

『Blue Nile(ブルーナイル)』
stay 20:00-21:00
まず『Golden Nile(ゴールデンナイル)』に入ってみる。エレベータで3階まで上がって店を覗いてみるも客が全くいない。時間帯がまだ早いようなので、すぐに出て『ブルーナイル』へ入店した。なにしろバーファインせずにJちゃんと一緒にいるので、ドールハウス系列店には入れない。『ブルーナイル』は小さい箱だったが客がたくさん入っていた。ステージにたんまり女の子が乗っている。2階ステージにもたくさん女の子が見える。ステージが可動式で上下に動くのがおもしろい。残念ながら、やっぱり基本的に女の子は踊っていない。2つステージ前方にお立ち台があって、それぞれ3人ずつ女の子が乗っている。お立ち台は狭そうだが、彼女らはわりと踊っていて小生はずっと先頭の子を見ていた。踊ると女の子はかわいく見えるものだ。音楽は最初ヒップホップが流れていて選曲が良いし重低音も効いていて期待できそうだと思ったのも束の間、その後はポップス、ハウスなど流行の曲をちゃんぽんで流し、結局ありきたりな音楽だった。アンヘレスではだいたいどのゴーゴーバーも流行の曲を流しているようで、2~3日もバーホップしてると同じ曲を何度も聞くので飽きてくる。もっと各店で音楽面でも特徴を出せば良いのにと思う。パタヤはその点、音楽面でも楽しめる。『ブルーナイル』は女の子の在籍数はとても多いが、選べそうな子は少なかった。1人いるかどうかといった具合だ。そもそも、照明が暗い中でカラーライトでステージを照らしても、女の子の顔はよく見えなかったりする。1時間ほど滞在して外へ。Miss Pinatubo 2011の予選が、この日は『Club Asia』で21時からあるので、ドールハウス系列店だったが、店内を覗いてみた。すると入り口のすぐ傍にJちゃんの店のママさんがいたということで、すぐ店を後にした。

広告

『Golden Nile(ゴールデンナイル)』
stay 21:30-23:10
『ゴールデンナイル』を再度覗いてみると、今度は客がぱらぱら入っていたので入店した。ここは大きな箱で2階立ての大きなステージがあった。たくさんのババエがステージにいた。客はコリアが多い。いや、どの店も多いというのが正解か。ステージ上に1~2人選べそうな子がいた。小生の視線に気付いて向こうも見つめ返してくる。もちろん、愛しのJちゃんと一緒なのでバーファインはしないが。しかし、例え小生一人だったとしても、あまり踊っていないとバーファインする気が若干萎えてくる。やっぱり良く踊っている子をバーファインしたいと小生は常々思う。『ゴールデンナイル』に入ったのは21:30ごろ。ショーが1時間半か2時間おきぐらいであるようで、22:30からショーが始まった。ルーティンダンスのショーやセクシーショーだった。通常、女の子が踊っていないので店内は締まりがない雰囲気だが、ショーが始まると活気が出てくる。ショー以外でも良く踊ればいつも店の活気が出るのではないかと思うが。23時過ぎに店を出た。

2本しかサンミゲル・ライトを飲んでいないのに小生は異様に眠かった。ディスコ『Sky Trax』をさらに西へ行ったところにレストランがあり、そこで食事をとった。彼女が頼んだパンシットカントンは美味しかった。小生は耐え難い睡魔に襲われ、レストランで彼女に寄りかかりうたた寝してしまった。たぶん早朝4時起きが原因だろう。ホテルに戻るとすぐに深い眠りに落ちていった。

0184

(『Golden Nile』のショー、2階建てのステージを使ったショーなのがユニーク)

0185

(『Golden Nile』のショー、普段もこれぐらい踊って欲しい)

0186

(Fields Ave.のWALKING STREETゲート)

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。