【ビエンチャン、置屋『La Ong Dao Hotel 1(ラオンダオ・ホテル1)』で最終夜を!】

Pocket

ハンノイ『Pa Phai Restaurant』の娘との対戦後、小生は別のハンノイに向かった。18時過ぎに到達した。一昨日、ミーちゃんをロングで連れ出したハンノイ『Jennee Restaurant』だ。ママさんに「ミーは?」と聞くと声をかけてくれたようだが準備中で、なかなか現れない。22歳のパクセー出身の愛嬌がある子が相席してくれた。さらに、18歳のムッチムチな娘も席に来てくれた。最初は分からなかったが、9ヶ月前にジッと見つめて小生をタジタジにさせた子だ。9ヶ月経ってだいぶ太り、しばらく話してようやく気付いた。やがてミーちゃんもやってきた。化粧していて香水の良い香りが小生を恍惚の気分にさせてくれる。ミーちゃんといちゃいちゃしながら飲むビアラオは格別だ。じゃんけん飲みや、空のビアラオ瓶をぐるぐる回して飲み口が向いた人が飲む遊びをしたり、つまり飲みまくりでビアラオ大瓶6本が空いた。20時頃、合計10万キープを払ってハンノイを後にすることに。本当はもっと早く出るつもりだったが、ミーちゃんと会えるのが最後と思うとなかなか店を後にできなかった。最後に連れ出しせず、ミーちゃんに申し訳ない気分でママチャリを漕ぎ始めた。

(この記事の続きは、電子書籍版に掲載しています)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。