【ゴーゴーバーでの究極の選択】

Pocket

Iちゃんは未成年で日本人が好きそうな可愛らしい童顔で肌は色白で体つきは小柄、少し痩せすぎのようにも見えるが、弾けるようなダンスがとてもセクシーで魅力的だ。Tちゃんは最初そもそもIちゃんを薦めてきた子で初めは全く気にとまらなかった。が、ビールを飲みながらTちゃんを見ていると、体型は太ってもなく痩せすぎでもなく足がすらっと長く、鏡を見ながら優雅に艶かしく踊っており、また何かに媚びるようなところが全くなくあっけらかんとしていて本当に格好いいタイガールだ。Tちゃんはいつも回りのゴーゴーガールと楽しそうにお喋りしており、性格もとても良さそうだ。何より彼女はよく笑っているし、その笑顔がとても美しい。小生は多少酔っ払った頭で、Iちゃんをペイバーしようか、Tちゃんをペイバーしようか考えていた。

20時過ぎ、この日、パッポンのゴーゴーバー『BADA BING!(バダビン)』の開店が待ちきれない気分で、早い時間に来てしまった。Tちゃんは昨夜に続いて訪問してきた小生の顔を覚えており挨拶してきた。ママさんによるとIちゃんの出勤は少し遅くなるとのこと。たしかに、まだステージ上の女の子は少ない。Tちゃんが小生の隣に座った。早々にTちゃんから私をペイバーしない?との発言。前回来た時はお誘いがなかったので少々意表をつかれた。が、まだ早い時間だったし小生はゆっくり飲みたい気分だった。ただ、ひょっとするとIちゃんを待っているとTちゃんに思われたかも知れない。Tちゃんは日本語はもちろん英語も苦手のようで、小生はタイ語がさっぱりなので会話があまり成り立たないが、Tちゃんはお構いなしに喋りかけてくるし、こちらが理解できなくとも気まずい雰囲気がないところが良かった。一緒にダンスしたりと楽しい時間を過ごさせてくれる娘だ。

ナナプラザとソイカウボーイに歩いて行ける場所にホテルをとったのに、ついパッポンに来てしまうのはこの『BADA BING!(バダビン)』のせいだ。時間帯によってHIP HOPを、あとはたいていHOUSEをちゃんとしたDJがCDJを使ってかけており、選曲がまた哀愁系HOUSEだったりと単にイケイケでなく洒落た曲をかける。音楽にのせられてついダンスしてしまう。クラブのようなゴーゴーバーである。ただし、踊っているのは小生ぐらいだったが。最高の音楽とダンス、水着姿のタイ娘のダンスを見ながら酒を飲む。最高である。(`・ω・´)シャキーン

22時前にはIちゃんも出勤してきた。Iちゃんも小生の顔を覚えていたようで隣に座った。Iちゃんもタイ語しか話せないようで、あまり会話できない。もともと大人しい娘なのかもしれない。ただ、ステージに上がるとビートに合わせて弾けるようにダンスし、それが彼女の若々しさを一層際立てた。幼さとセクシーさを合わせ持ったタイ娘である。彼女がダンスするのを見ていると勃起するのを感じた。

小生は酔った脳ミソで、Iちゃんをペイバーしようか、Tちゃんをペイバーしようか考えていた・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局、小生は一緒に居ると楽しいTちゃんをペイバーすることにした。選択を下した後になって、ハッとした。小生はTちゃんにすっかり惹かれていることに気付いた。いつも思うのだが、ペイバーした女の子が私服に着替えて出てくる瞬間がとてつもなく好きだ。ドラマのワンシーンのように印象的だ。カジュアルだが胸元が開いたセクシーな私服でTちゃんがやってきた。私服のTちゃんと店を出て、手を繋いで通りを歩く。こんなに魅力的で格好いい娘を連れ出せるなんて、やはりタイは凄いと小生は素直に感動していた。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。