【ラオスはフエサイ(ボケオ)で置屋を求めて三千里!】

Pocket

ゲストハウスを出てフエサイを探索すると中心街はほんの数百mだけ店が連なる小規模なものだった。観光客向けのゲストハウスに商店、レストラン。マッサージ屋は2軒しかなく、一軒はかなり外れた場所なので中心街にあるのは一軒のみ。寂しい場所だ。スローボートのためだけの町。明日のルアンナムター行きのバスチケットを小さな旅行店で買った。レストランでベーコンサンドイッチ(2万キープ)、レモンシェーク(1.5万キープ)を食した。サンドイッチはラオスなのでフランスパンだったが、香ばしくなくボソボソのパンで残念ながらおいしくなかった。

(この記事の続きは、電子書籍版に掲載しています)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。