【中国河口、置屋『越南城』でアイドルちゃんと同日再戦!】

Pocket

18時ごろ『中国・越南城』の置屋フロア3階に向かった。お目当てのアイドルちゃんが見当たらないので廊下を奥に進んだ。すると、可愛い子を発見!その娘に捕捉されてみる。彼女は優しく微笑んでおり、外れ臭ゼロである!個室に案内されて、彼女に年齢聞くとムオイラムとのこと。お互い脱衣。彼女のヨーニの毛はうっすら生えてるだけで薄かった。横になるように言われ生尺してくれる。少し立ったところでゴムを付けられ尺八続行。しかし、立ったけど硬度が足りない。入れようとする間に萎えてくる。ゴムを外して生ヨーニに擦り付けながら乳首を舐める。ヨーニも舐めようとしたら制止されてしまった。覆い被さって彼女を見つめていると目を隠されてしまった。恥ずかしいようだ。素晴らしい。(*´∀`)ハァハァハァハァ また、口でゴムつけて尺八を続行。しかし、やっぱり硬度が足りず入れようとする間に萎えてしまう。すると、また尺八しようとする。なんて良い子なんだ。でも、出来そうに無いので小生からゲーム終了を告げた。明日また来よう。おばさんに100元(約1,700円)渡すと150元とか言ってるが無視して置屋を出た。

中国・越南城

(『中国・越南城』にあったフルーツ屋台)

ホテル「汉京酒店」の部屋に戻ってシャワーを浴びた。また部屋を出て、フロントで3泊したいと伝えた。300元(約5,100円)追加で払う。つまり、デポジット込みで600元を支払ったことになる。チェックアウトの時に残金を返してくれるとのことだった。フロントのお姉ちゃんは、翻訳サイトを使って日本語の訳を見せてくれる。なんて親切で親身な対応なんだ。ちょっと感動すらした。いつもの食堂行くと誰もいない。仕方ないので他の食堂に入った。10種類ぐらいのおかずの中から客が選んで食事をする形式のようだ。ピーマンと豚肉の炒め物、セロリと挽き肉のピリ辛炒め、固めの豆腐みたいなもの、卵とトマトの炒め物、小生が選んだ4つのおかずはどれも美味しかった。その安さから期待していなかったから驚いた。食堂のおばちゃんがニコニコして親切に接してくれたのも有難い。おかず代が10元、ライスが2元で合計はわずか12元(約200円)だった。

河口の食事

(河口での12元の夕食)

『中国・越南城』にいると、ベトナムシムは圏内で三本立っているけどEの表示でデータ通信できないことが多々あった。ただ、『中国・越南城』のどこにいれば3Gが表示されてデータ通信できるかだんだん分かってきた。バス停近くとか、食堂の階段を上がったところとか。あとは、ホテル「汉京酒店」の7階の部屋で窓を開けて、窓近くなら大丈夫なことも分かってきた。ベトナムシムだと制限がないのでその存在が有難かった。

20時前に出撃し、置屋フロア3階に行った。アイドルちゃんを探したら室内にその姿があった!彼女もこちらに気付き、喜んで抱きついてくれる。「個室に入る?」と聞くので頷いた。個室で小生は脱衣して全裸で彼女を待った。彼女はシャワーを浴びたようで全裸で個室に入って来た。彼女のウトン舐めはやはり上手い!ウトン舐めだけでリンガはギンギン。生尺はリンガがひりひりした。アイドルちゃんとの午前中の対戦でリンガにダメージを負ったためで、恐らくゴムの付け方がまずくて皮にダメージを負ったようだ。念入りな生尺の後、ゴムを付けてもらう。彼女を寝かせて正常位でリンガを埋めた。時々ディープキスしながらピストンしていると、なんてヨーニとは気持ち良いんだろうとか、なんてセ〇〇スは素晴らしいんだろうと幸福感に包まれた。しばらくピストンした後に足を抱えて奥までリンガを挿入した。膣の上を擦ってあげると彼女が気持ち良さそうに喘ぐのでそれを繰り返した。膣の上を擦りながら両ウトンを摘んでやると更に気持ち良さそうにしている。時々、ウトンを舐めながら突いたり、緩急をつけて突いたりしていると、顔から汗が噴き出してきた。最後は鬼突きで天に召された。顔中汗だくである。ようやく汗にまみれた素晴らしいセックスができたと満足した。しかも、相手は可愛いアイドルちゃんだ。置屋のおばさんに100元(約1,700円)を渡す。個室を出たところで彼女といちゃいちゃしてると廊下が慌ただしい。彼女とおばさんが椅子を片付けたりしてる。置屋から早く出た方が良いと言われて急いで出た。置屋は全て閉まっていて廊下には誰もいなかった。公安の見回りでもあったのだろうか。

20時半ごろ、いつもの食堂に赴きビールで今日の疲れをいやすことにした。今日の戦果は4発だった。4発したおかげで、取り敢えずピストンしたくてしたくて堪らない症状は治まった。不発も2回あったし1発を大事にした方がよいか?しかし、せっかく遥々、河口まで来たからどんどんチャレンジである。500mlの瓶ビールは5元(約85円)だった。安い!21時にほろ酔いでホテルに戻った。

YANJING BEER

(YANJING BEERの500ml瓶ビールは5元だった)

YANJING BEER

(裏のラベルによるとアルコール度数は3.3%とかなり軽め)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。