スターアライアンスへアビアンカ-タカ航空とコパ航空が加盟

Pocket

南米が弱点だったスターアライアンスに、ブラジル最大のTAM航空が正式に加盟を果たしたのが2010年5月13日。しかし、2010年8月13日にワンワールド加盟のラン航空がTAM航空を買収することが決まり、スターアライアンスにとっては不透明な情勢となってしまった。2010年11月11日、そんなスターアライアンスへ中米、南米を拠点とする航空会社2社の加盟が決定したようだ。

────────────────────────────────────
『スターアライアンス、アビアンカ-タカ航空とコパ航空の加盟が決定』
[掲載日:2010/11/12] TRAVEL VISION
 スターアライアンスは11月11日社長会で、アビアンカ-タカ航空とコパ航空(CM)のスアーアライアンスへの加盟方針に合意した。アビアンカ-タカ航空のハブ空港はボゴタ(コロンビア)、サンサルバドル(エルサルバドル)、リマ(ペルー)、サンノゼ(コスタリカ)にあり、欧米や欧州など100以上の就航地に運航。スターアライアンスに46の新就航地をもたらすことになる。一方、CMはパナマ・シティー(パナマ)、ボゴタ(コロンビア)をハブ空港とし、25ヶ国52就航地に運航している。両社の加盟は2012年半ばを予定しており、これによりスターアライアンスは31航空会社による世界188ヶ国、1292就航地へ、毎日2万2500便を運航。中央アメリカ、カリブ海、南アメリカのネットワークが拡充することになる。
────────────────────────────────────

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。