【ビエンチャン、置屋『La Ong Dao Hotel 1(ラオンダオ・ホテル1)』で最終夜を!】

Pocket

ハンノイ『Pa Phai Restaurant』の娘との対戦後、小生は別のハンノイに向かった。18時過ぎに到達した。一昨日、ミーちゃんをロングで連れ出したハンノイ『Jennee Restaurant』だ。ママさんに「ミーは?」と聞くと声をかけてくれたようだが準備中で、なかなか現れない。22歳のパクセー出身の愛嬌がある子が相席してくれた。さらに、18歳のムッチムチな娘も席に来てくれた。最初は分からなかったが、9ヶ月前にジッと見つめて小生をタジタジにさせた子だ。9ヶ月経ってだいぶ太り、しばらく話してようやく気付いた。やがてミーちゃんもやってきた。化粧していて香水の良い香りが小生を恍惚の気分にさせてくれる。ミーちゃんといちゃいちゃしながら飲むビアラオは格別だ。じゃんけん飲みや、空のビアラオ瓶をぐるぐる回して飲み口が向いた人が飲む遊びをしたり、つまり飲みまくりでビアラオ大瓶6本が空いた。20時頃、合計10万キープを払ってハンノイを後にすることに。本当はもっと早く出るつもりだったが、ミーちゃんと会えるのが最後と思うとなかなか店を後にできなかった。最後に連れ出しせず、ミーちゃんに申し訳ない気分でママチャリを漕ぎ始めた。

(この記事の続きは、電子書籍版に掲載しています)

 

Pocket

【ビエンチャン、ハンノイ(置屋)『Pa Phai Restaurant』でショート!】

Pocket

7日目。『La Ong Dao Hotel 1(ラオンダオ・ホテル1)』の朝食を見るため指定の場所に行くと、まさに会場と呼ぶに相応しい大部屋に中国人団体客が群がっていた。ビュッフェ・スタイルの食事を確認すると、期待していなかった小生の予想が正しいことがすぐに分かった。食べたいと思うものは何一つ無かった。コーヒーだけ飲もうと席に着いたが、そのコーヒーでさえ不味かった。ホテルを出てママチャリに乗り、9ヶ月前に毎日足繁く通った、街中のサンドイッチ屋に向かった。見覚えのあるおばあちゃんに、以前毎日食したベーコン・サンドイッチを頼むと、もうやっていないと言う。残念だ。代わりにエッグ・サンドイッチとアイスコーヒーを注文した。が、ベーコン・サンドイッチの芳ばしさと美味さには及ばなかった。

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、ベトナム人カラオケ置屋を発見&潜入!】

Pocket

『La Ong Dao Hotel 1(ラオンダオ・ホテル1)』での対戦を終えた後、小生はエロスポットの夜間パトロールのため自転車に跨った。ネットで見かけたベトナム人カラオケ置屋を探すべく『La Ong Dao Hotel 1(ラオンダオ・ホテル1)』から北上を始めた。実は、先ほど夕方ごろに目的の付近を詮索した際、ベトナムカラオケらしき看板が店先の地面に落ちているのは発見したが、営業してるかどうか分からなかった。そこで、夜になってからまた探索するつもりだったわけである。目的のカラオケ置屋に着いたが、店先に女がいるわけでもなく営業してるか確信が持てないが、建物内の電灯は点いており、さらに中に女がいる様子だった。小生は意を決して中に入ってみることにした。時刻は21時過ぎである。

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、置屋『La Ong Dao Hotel 1(ラオンダオ・ホテル1)』へ突撃!】

Pocket

ベトナムエロマッサ(置屋)の『Noi Nho』を視察した後、隣の「Okera Cafe(オケラカフェ)」で休憩を取った。「Okera Cafe(オケラカフェ)」は日本人老女性が営むカフェ。ビエンチャンにいながら落ち着いた雰囲気の店内である。ケーキもクッキーも美味しかった。火曜から土曜までの10~18時が営業時間。また来ようと思った。その後、自転車を走らせて、昔は炉利の聖地だった置屋『帝豪ホテル(ティハウ)』へ18時に訪問すると、スタッフに女は19時からと言われる。隣の『Sokxayphone Hotel(ソクサイフォン・ホテル)』のカラオケ置屋も覗いてみたが誰もおらず、こちらも収穫なしだった。

(この記事の続きは、電子書籍版に掲載しています)

 

Pocket

【ビエンチャンのエロスポットを日中パトロール!】

Pocket

6日目。ミーちゃんとバイバイした後、ホテルの1階へ宿泊に付随している朝食を食べに向かった。期待はしていなかったが、この朝食が驚くほど不味い。どれを食べてもどれを飲んでも残念だ。この「Phonethip Plaza Hotel」での滞在が良ければもう何泊か泊まろうかと思ったが、朝食は酷いし、夜はオープンエアのホテルのレストランが爆音鳴らしてうるさいし、周囲に何もなく不便でつまらないし、その割に高いので1泊で後にすることにした。

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、相性良いハンノイでラオス娘をロング!】

Pocket

ビエンチャンで必ず訪れようと思っていたハンノイに向かった。時刻は17時半、目当てのハンノイの店先に見覚えのあるママさんがいた。ママさんも小生を覚えていてくれるようで、すぐに中に案内してくれた。このハンノイを再訪するのは9ヶ月ぶりだ。テーブル席に座ると2人の娘が対面に座り、この2人が相手をしてくれるようだ。ガリガリに痩せておばさんだと思った子が実は19歳で、逆に若いと思った子が年上の22歳だった。19歳の子は手の骨が浮き上がるほど痩せすぎていて、それで老けて見えたようだ。見かけだけではラオ娘の年齢は分からないものである。ビアラオ大瓶2本、それにツマミとしてヒマワリの種を注文した。ビアラオで乾杯し、さあラオ娘たちとの宴会の始まりだ。

続きを読む

Pocket

【ビエンチャン、置屋『ワンダーランド・ゲストハウス』へ潜入!】

Pocket

5日目。チェックアウトを済ませ待っていると、時刻通り9:30にピックアップのミニバスがやってきた。支払い済みのバスチケットを運転手に見せると頷いた。車内には誰もいないので一番奥に座った。ミニバスは街中の幾つかのゲストハウスを回り人を拾って行く。10人ほどの人を乗せると車内はぎゅうぎゅうだ。小生以外は全部ファランだった。彼ら彼女らは大きなバックパックを持ち込み車内を一層狭くさせた。満席となったところで13号線沿いのバスターミナルに着いた。バスターミナルでしばらく待っていると二階建てのVIPバスがやってきて10時過ぎに出発である。隣に座った若い大柄ファラン女性は、ひどく揺れるバスの中、たくましくもKindleで読書にふけっていた。1回トイレ休憩の停車を挟んで、4時間かけて14時過ぎにビエンチャンの街中に到着した。

続きを読む

Pocket

【2015年春、バンビエンの夜遊び現地調査と夜遊び地図】

Pocket

結局、三日三晩とも東の置屋地区で遊ぶ結果となった。北の置屋地区は中心街から遠くてアクセスが悪くマウンテンバイクで20分ほど要した。バイクでも10分ほどかかると思われる。また、夜の13号線は街灯なく暗闇で路面状態が悪い箇所があったり、大型車両が飛ばしていて接触の恐れもあり、不便な上に危ない。一方、東の置屋地区は中心街からマウンテンバイクで5分強ほどで到着できる。ただし、13号線から東へ向かう際に未舗装のデコボコ道を進む必要がある。

続きを読む

Pocket

【バンビエン、東の置屋地区でかわいい18歳娘をロング!】

Pocket

いつものように雲が出てきたので夕立が来るに違いないと思い食事をしながら待っていたが、結局降らなかった。明るいうちに北の置屋地区を訪れ覗いてみることにした。夜の13号線は街灯なく暗闇で大型車両が飛ばしていて危ないからである。中心部からマウンテンバイクを走らせ20分ほどで北の置屋地区に到着した。ここに数軒の置屋があるはずだが、まだ空が明るくピンクの灯りは頼りにできない。結局、1軒だけ明らかに怪しい置屋らしき場所を確認することができたが、暗くなる前に中心街へ戻ることにした。18時過ぎ、まだ空は明るいが東の置屋地区へ進路を向けた。東の置屋地区は7軒の置屋があり、1軒あたり10人として計70人もいることになり、この置屋地区だけで数日滞在する旅行者には十分なように思えた。

続きを読む

Pocket

【バンビエンのブルーラグーンとタムチャン洞窟へ自転車で激走】

Pocket

4日目。暑くなる前に早めに出掛けようと思いつつ時刻はすでに9時近くだ。昨日知り合った韓国人とブルーラグーン(Blue Lagoon)へ一緒に行こうと話していたが、今から調整していると出発が遅くなりそうだ。ゲストハウスを後にして一人でブルーラグーンに向かうことにした。途中でレンタル屋に寄ってマウンテンバイクのレンタル延長を希望した。明日の朝に返すと言ったらオッケーとのこと。3万キープを渡し、お釣りを待ってたら5000キープを渡された。値段はあってないようなものらしい。昨日の夕方から今朝までが2万キープで、今朝から翌朝までが2.5万キープだった。9時前に市街地を出発し、レンタル屋近くの橋を6000キープ払って渡った。ブルーラグーンは市街地から見て川の西側奥深くにあるので、まず川を渡る必要がある。橋を渡るとガタガタの土道が始まり、そしてそれが延々と続いていることが分かった。変速のマウンテンバイクを借りて良かったと心底思った。

続きを読む

Pocket