【2015年4~5月ラオス&タイ旅、編集後記】

Pocket

旅に出たほうが良く歩くし、自転車で激走したり娘たちとの対戦で良い汗をかいて全身筋肉痛になったり精神面だけでなく身体面でも健康的になる。今回の旅もそうだった。ジャカルタ行きの航空券を確保していたが、置屋巡りやハンノイ遊びがしたくなり、ジャカルタ行きを捨てて、去年に引き続きラオス訪問となった。

続きを読む

Pocket

【バンコク、怪しいマッサージ屋は至るところに?】

Pocket

停留所「Sapan Klongtun」から運河ボートに乗り込み「Pratunam」まで20分ほどで到着した(15バーツ)。渋滞や信号もないのでスムーズな移動が可能だった。降りた停留所の近くにあるピンクのカオマンガイ屋「ガイトーン・プラトゥーナム」へ、昨日に続いて再訪した。17時の夕方開店に向けて準備中だった。すでに多数の観光客が店先で開店を待っている。開店と同時に着席してカオマンガイの普通盛り(40バーツ)をオーダー。60バーツの大盛りがあるはずと頼んでみたが無いとのこと。メニューを確認するとたしかに大盛りが消されていた。他の格安マッサージパーラーも覗いてみるつもりだったが、フライト時刻を考えると時間がない。スクンビットに戻り、最後にマッサージを受けようと歩き回るとスクンビット・ソイ11にいかにも怪しげなマッサージ店がならんでいる一角を発見。そのうちの一つで若くて素朴な子を見かけ入店した。

続きを読む

Pocket

【バンコク、有名格安マッサージパーラー『BIWA(ビワ)』に突撃!】

Pocket

10日目。昼ごろソイカウボーイからスクンビット・ソイ23に入った。Aちゃんがいたマッサージ屋で、肩マッサージが2時間400バーツと安かったので表にいた女に頼むと、それができる娘がいないと言う。肩マッサージぐらい誰でも出来ると思うが、2時間は疲れるし肩マッサージだとスペシャルの誘いも出来ないので敬遠されるのだろう。ソイ23を北上すると、怪しいマッサージ屋が何軒も目に付く。1時間のタイマッサージが100Bと格安の店を発見したが、この店だけたくさんの客で賑わっていた。

続きを読む

Pocket

【バンコク、スクンビットの立ちんぼを探して徘徊!】

Pocket

バービアのUちゃんから逃れて、ナナプラザの2階に上がった。人気のゴーゴーバー『Rainbow(レインボー)』系列に行っても面白みがないので、マイナー系ゴーゴーバーを回ってみることにした。2階の『Erotica Chili(エロチカ・チリ)』は可もなく不可もないが盛り上がりに欠けており感情の起伏はゼロだった。3階の『Bill Board(ビルボード)』はレベルが酷く、沈没系ファラン客しかいない。以前はもう少しマシだったはずだが。観光客が入ってくるとママさんを筆頭に取り囲んでドリンク攻撃だ。毅然と断れば良いだけだが、後から入店した初心っぽい観光客はしっかり鴨られてた。ゴーゴー嬢のレベルが低い上にこんな営業方針ではもうすぐ潰れるかもしれない。2階の『Candy Land2(キャンディー・ランド2)』はレベルがこれまた酷い。酷すぎる。マイナー系ゴーゴー参拝がまるで罰ゲームだ。退屈だし苦痛になってきた。なんでナナプラザに来てしまったのか自問しながら後にした。

続きを読む

Pocket

【バンコク、ナナプラザでバービアのUちゃんに遭遇する!】

Pocket

BTSプロンポン駅前の「NaRaYa」でお土産用のバックを購入し、BTSに乗ってチットロム駅で降りた。目的地は「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」、通称ピンクのカオマンガイ屋である。センタンを左手に見て北上し、川を渡ったプラトゥナーム交差点の近くにある有名店だ。15時半ごろ、ピンクのカオマンガイ屋に到着するとテーブルに椅子を上げて閉店作業中だった。店員に聞くと、もう売り切れたとのことで前半の営業が終わったようだ。17時から開店して後半の営業が始まるらしい。腹が減ったので近くの汁無しワンタン卵麺の豚と蟹肉乗せを食べたが、蟹肉は微塵も感じられなかった。久しぶりに「パンティップ」を冷やかしてから17時にピンクのカオマンガイ屋に向かった。日本に進出済みで知名度があるだけに邦人客が多い。あとはアジアの観光客も多数来ていた。美味しいカオマンガイが40バーツとお手頃だった。

続きを読む

Pocket

【バンコク、移転後のエロアカスリ店『胡蝶蘭』に初突撃!】

Pocket

9日目。ホテルの朝食をたっぷり食べた後、無料アップグレードとなったスイートルームから予約クラスの部屋に移った。そして、11時半ごろホテルを出た。ターミナル21の各階を冷やかしてから、散歩がてら歩いてエロアカスリ店『胡蝶蘭』に到着したのは13時ごろ。エロアカスリはバンコク訪問時の小生の恒例行事となっており、エロアカスリ店『胡蝶蘭』も何度か世話になっている。ただ、移転してからは初めて訪問だ。以前はスクンビット・ソイ33のホテル「S33 Compact Sukhumvit Hotel」の敷地内にあったが、移転して同じソイ33のスクンビット通り近くに引っ越したようだ。

続きを読む

Pocket

【バンコク、インタマラのゴーゴーバー『For U(フォーユー)』に潜入!】

Pocket

BTSのサパーンクワイ駅で下車して、歩いて5分ほどで地元客向けのゴーゴーバー街、インタマラ地区(またはスティサン)に到着した。もう何年も前から来たかった場所だが、ソイカやナナやパッポンで予想外にペイバーしてしまったり、酔って行くのが面倒になったり、なかなか辿り着けなかった場所だ。繁華街でネオンだらけで人通りが多くて活気のある場所だと昔から勝手に想像していたが、実際は全く違っていた。車の往来はそこそこあるが、行き交う人はまばらで、ネオンはポツリポツリとあるだけの活気がない場所で寂しい印象だ。ともかく小生はインタマラ地区(スティサン)のゴーゴー街にやっと訪問できた。

続きを読む

Pocket

【バンコク、ソイカのゴーゴーバー『CRAZY HOUSE(クレージーハウス)』に潜入!】

Pocket

プロンポンに新しく近代的なモールがオープンしていて驚いた。プロンポンの有名モール「Emporium(エンポリアム)」のBTSを挟んだ向かいに「EmQuartier(エムクオーティエ)」なる奇抜なデザインのショッピングモールがそびえ立っており、たくさんの人が吸い込まれていた。バンコクは来るたびに新しい洒落た大型モールが出来ていて変化が目まぐるしい。成長が目に見える都市だ。後から調べると「EmQuartier(エムクオーティエ)」は2015年春にオープンしたばかりのモールのようだ。モールの地下を訪れると流行の飲食店が軒を連ね、大いに客足を集めていた。

続きを読む

Pocket

【バンコクのエロマッサージ『俺の26』で毛剃りじょりじょり体験!】

Pocket

ラオスの出国手続きを終えて、バンコクエアウェイズのラウンジに向かった。ラウンジには簡単な軽食とドリンクが並べられていた。特に食べたいとも思わなかったため、コーヒーを飲みながらラウンジのWIFIでネットサーフィンをしながら時間を潰した。バンコクエアウェイズに乗り込み、定刻通りの出発だった。機内食はおいしかった。以前にもバンコクエアウェイズには世話になったが相変わらず好印象だ。スチュワーデスの一人が恋に落ちそうなほど可愛くて到着前からタイの恐ろしさを実感する。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 早くバンコクで対戦したい気分だ。バンコク滞在の2泊で実行しようと思っていたことが幾つかある。飽きたと思っていても、人気と情報量が多いバンコクでは日々チェックする情報の中で試しみたい事が出てくるものである。今回バンコクで試したいことは、毛剃りプレイ、毎度欠かさないアカスリ、良い噂に悪い噂に何かと話題が多く気になるゴーゴーバー『クレージーハウス』の視察、以前から行こうと思いつつその機会に恵まれなかったゴーゴー街・スティサンへの訪問である。

続きを読む

Pocket