ホテル実績録2010

Pocket

覚えている範囲で泊まったホテルの情報を更新していく。2010年編。

広告

[Swiss Park Hotel]
2010/02/06~2010/02/14 (8泊)
場所:Sukhumvit Soi 11, Bangkok
手配:Agoda
部屋:Superior
料金:31,376円 (一泊あたり3,922円)
所感:立地は非常に良い。プールはあるがとても小さく泳ごうという気にはならない。ホテルを1人で予約するとJF(500B)を取られる。朝食はバイキング形式、種類はいろいろある。熱々のオムレツが美味しく毎日それを食べていた。なお、Agodaにアフターサービスを期待してはいけない。現地で予約内容を変えたかったため、Agodaへ電話するもまるで通じなかった。

[Best Western Premier Signature Pattaya]
2010/04/29~2010/05/05 (6泊)
手配:PP TOUR
部屋:Premier
料金:一泊あたり約5,700円
所感:最近できたばかり(2009年12月?)で非常にきれい。WalkingStreetまで若干距離があり徒歩15分ほど。WalkingStreetより更に南方にあり周りは寂しい感じ、良く言えば静か。館内と部屋はデザイン良く、とても洒落ている。部屋はダブルベッドのほかソファーもあり十分な広さ。ホテルでゆっくりしたい場合も全く問題なし。プールの大きさはそれほど大きくないが小生は泳ぎを楽しんだ。朝食はバイキング形式、卵料理はリクエストすれば好きなものを作ってくれるのが良い。快適な滞在だった。

[Rose Hotel]
2010/05/05~2010/05/09 (4泊)
場所:Surawongse, Bangkok
手配:Agoda
部屋:Studio Corner Double
料金:一泊あたり1客室4,120円+税金/サービス料金875円=4,995円
所感:部屋は非常に狭い。部屋はベッドのまわりに歩くスペースが少しあるだけ。薄暗く圧迫感がある印象。また、部屋の設備は古かった。ホテルは寝るだけという考え方なら問題ないが。フロントの対応は良かった。利点は、パッポンのすぐそばで立地が良いこととJFフリーなこと。総じて、コストパフォーマンスは良くない。

[南部大酒店]
2010/07/29~2010/08/01 (3泊)
場所:上海、上海体育館近く
手配:格安ツアー
所感:格安ツアーがいかにも使いそうな古くて最低限の設備のホテル。上海体育館近くで最寄りの地下鉄の駅まで徒歩10~15分ほど。朝食が付いていたが期待しないのが正解。

[President Palace Hotel]
2010/09/18~2010/09/19 (1泊)
場所:Sukhumvit Soi 11, Bangkok
手配:Agoda
部屋:Superior
料金:一泊あたり1客室3,820円+税金/サービス料金811円=4,631円
所感:朝食込み。Sukhumvit Soi 11に2009年7月に新築オープンしたホテル。さすがフロントも部屋も全て新しくてきれい。部屋のインテリアはモダンだった。コストパフォーマンスは良いと思った。欠点はお湯が出ない時間帯があったのと、シャワーを浴びるとトイレも洗面台付近も床が濡れて、用を足すたびに足が濡れる点。

[Royal Bay Inn Angkor Resort]
2010/09/19~2010/09/23 (4泊)
場所:Siem Reap
手配:Agoda
部屋:Deluxe
料金:一泊あたり1客室3,120円+税金/サービス料金768円=3,888円
所感:朝食込み。とても雰囲気が良い中型ホテル。まわりは静かで、プールを中心にした部屋の配置に、室内や館内のデザインも洒落ていてリゾート気分を味わえる。パブストリートまでは歩くと15分ほどで、近くはないが歩けないこともない。自分は通りを冷やかしながらいつも歩いて行った。ホテルは去年名前が変わったせいか、そもそも知られていないせいか知名度がなく、どのバイタクもトゥクトゥクも知らなかった。パブストリートでは色んなレストランが集まっている上に安く生ビールがのめるので夜な夜な行くことになる。レストランはカンボジア料理を始め、西洋料理、ピザ、インド料理、中華料理と何でも揃っている。

[Baywalk Residence]
2010/09/23~2010/09/26 (3泊)
場所:Pattaya
手配:Agoda
部屋:Superior
料金:一泊あたり1客室3,680円+税金/サービス料金781円=4,461円
所感:朝食なし。2009年5月にオープンした比較的新しいホテル。ビーチロード13/2と13/3の間に位置し、ビーチロードを挟んで目の前はすぐビーチで、ウォーキングストリートからも歩いて近く、立地は抜群。室内はまだ新しく小生が泊まった部屋は広かった。「Do not disturb」の札をドアにかけていないと、清掃スタッフのおばちゃんが朝っぱら(朝8時くらい)から何度も大げさにドアを叩き、進入して清掃を試みようとする。非常にうっとおしい。夜遊びして朝が遅い人は「Do not disturb」をかけましょう。

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。