【フィリピン&タイ周遊、編集後記】

Pocket

旅の後、Zちゃんから週に2回ほどSMSが届くようになった。筆不精の彼女にしたら快挙である。イサーン滞在を通じて、もうZちゃんと結婚するしかないという雰囲気かつ状況である。Zちゃんはとにかく家庭的だ。電話で話をすると、あなたのために手料理を作ってあげたい、と言った。パタヤでそうしてくれたように。こんな家庭的な女性と結婚したら幸せかもしれない。ただ、小生は旅を通じてZちゃんの夢から覚めた部分があり、彼女からフェードアウトしなければいけないと思い始めていた。しかし、彼女と電話で話すたび本当に幸せな気持ちになれた。と同時に、彼女と結婚するしかないと実感した。Zちゃんとパタヤで話し合ったように、毎月送金して、こつこつ結納金を貯めれば、あとは彼女と結婚するだけだ。

広告

一方、アンヘレスで出会ったJちゃん。帰国してからすぐSMSとEメールと電話で毎日やりとりするようになった。珍しく彼女から連絡がなかった日、その晩は眠りが浅かったようで深夜にたびたび目が覚めて携帯電話をチェックするはめとなった。彼女は毎日、マメに連絡をくれるだけに1日でも連絡がないと、小生は情緒の平穏に保てなくなっていることに気付いた。マメに連絡くれるピーナのJちゃんから連絡がないと不安に沈み、逆に全くマメでないタイのZちゃんからたまに連絡があると気分が非常に高揚した。連絡のやりとりをとってもJちゃんとZちゃんは両極端で全く違っていた。そして、決定的に違うのがピーナちゃん特有の熱烈さだった。初めてピーナちゃんのガールフレンドが出来た時、その情熱ぶりと激しさに小生は感動するほどの衝撃を受けたものだったが、Jちゃんもやはりそうだった。躊躇なく情熱をぶつけてくる。小生はすぐにその熱くて心地よい渦に溺れた。帰国して一週間後には彼女からいずれ結婚したいという話が出てきた。7月にKL行きの航空券があったため、そこからアンヘレス行きを考えていたが、彼女に会いたい一心で6月の渡比を決めた。

<両替実績>
2011/05/02 香港国際空港の両替 :5千円→440HK$
2011/05/02 クラーク空港の両替 :1万円→5,175ペソ
2011/05/02 フィールズの両替  :1万円→5,200ペソ
2011/05/03 スワンナプーム空港で両替 :2万円→3,496バーツ×2
2011/05/04 スワンナプーム空港で両替 :2万円→3,554バーツ×2
2011/05/05 BIGCのSCB銀行で両替:4万円→3,606バーツ×4

<ATM実績>
2011/05/06 ATM 10,000バーツ+手数料150バーツ:28,355円
2011/05/07 ATM 5,000バーツ+手数料150バーツ:14,396円
2011/05/07 ATM 500HK$+手数料?   : 5,414円

<旅の費用>
現金10.5万円+ATM5万円+ホテル0.8万円+国際線4万円+タイ国内線2.5万円+リオサウナ2.8万円
→合計25.6万円
(合計のうちイサーンで使ったお金4.8万円+タイ国内線2.5万円=7.3万円)
(合計のうちZちゃんに最後に手渡したお金4.5万円)

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。