【2011年9月フィリピン旅、編集後記】

Pocket

5月に初めて出会って以来、毎月Jちゃんの元へ通い、ついに今回の9月で彼女の母親と姉妹のうちの一人に会った。しかも、母親の実家があるレイテ島である。実家はタクロバンの市街地から1時間ほど離れた山間にあり自然が豊かで、それ以外は何もない田舎だった。Jちゃん以前は小生がいる日本で一緒に住みたいと言っていたが、最近は母方の実家があるレイテ島で一緒に住んで働こうと話していた。それを聞いてJちゃんは自由なんだと思った。どこで住もうがどこで働こうがしがらみはないし、失うものもない。

レイテ島の実家で過ごして分かったこともある。Jちゃんと一緒にここで暮らせば、体の相性も抜群な最愛のJちゃんと毎日、激しいセ○○スに溺れるだろう。ただ、ここ田舎での楽しみはセ○○スだけだ。セ○○ス依存症の小生はセ○○スだけの毎日でも良いと思っていた。が、平穏すぎる田舎は刺激がなく退屈さに精神が参ってしまいそうだった。

広告

8月同様、超円高傾向で両替のレートは0.54を越えていた。現地で両替したのは5万円。成田-香港の往復航空券はマイル特典を利用し(別途、3,850円必要)、香港-マニラの往復航空券はセブパシフィックで12,371円、マニラ-タクロバンはセブパシフィックの50%OFFシートセールで購入したため2人分の往復航空券でわずか8,071円で済んだ。よって、航空券の合計は2.5万円ほど。事前に予約したマカティの1泊は0.5万円だったので、旅の総額は8万円だった。

<両替実績>
2011/09/19 マニラ空港の両替:0.5430ペソ×30,000円
2011/09/23 ブルゴスの両替 :0.5500ペソ×20,000円

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。