【汗と精液の時間の始まり】

Pocket

久しぶりのJちゃんをまじまじと見るも彼女は恥ずかしそうにしている。Jちゃんに会うのは久しぶりだったが、あまり変わっていないように見えたし、彼女はとても美味しそうだった。タクシーは激しい渋滞に遭いブルゴス近くのホテルに着いたのは18時を回っていた。部屋に入ってすぐに彼女に抱きついた。唇を奪って、そのままシャワーも浴びずにセックスになだれ込もうとしたが、バスルームに逃げられてしまった。

お互いシャワーを浴びてベッドに入った。唇と胸を舐って、硬直したリンガを生で彼女の中に挿入した。生の感触が気持ち良過ぎる。久々のセックスとあって、すぐに昇天して彼女の膣内に大量の精子を放出した。ベッドの中でキスをしているとリンガが再度すぐに勃起したので二回戦が開始。生リンガを挿入して、今度は散々突いてから彼女の膣内で果てた。汗だくでベッドに横たわって息を整えていると、Jちゃんから改まった口調で小生のアサワのことを聞かれる。最後に会ったのが2011年9月、その直後にアサワにJちゃんと小生のことが発覚してアサワがJちゃんに電話して以来、小生はJちゃんに会っていなかったから聞かれるのは当然だった。アサワから既に色々聞いているようだったし、小生はアサワや子供のことを話した。

2012/8/4
目が覚めた。時計を見たら朝の6時だった。どうやら昨晩は意識を失うように寝てしまったようだ。本当は初日の夜からブルゴスのゴーゴー巡礼を楽しむつもりだったが、昨晩は恐らく20時ごろに睡魔に意識を持っていかれたようである。出発前日は終電で家に戻り、出発当日は朝5時出発、結局一睡もせずフライトに乗ったから疲れていたのだろう。隣を見るとJちゃんはまだ寝ていた。彼女は8時ごろ起きたのでさっそくセックスした。硬直した生リンガを挿入して10分ほど突いたところで、コントロールをミスってエレクトしてしまう。少し時間をおいてもう一度セックスした。二回目はリンガの感度が敏感すぎず、汗と精液の時間の始まりである。彼女の愛液は野性的な香りで興奮する。延々と汗だくで腰を振り続け、息も上がり肺も筋肉も悲鳴を上げてきた。そして、鬼のように突いて彼女の膣内で昇天した。

0333

(2012年7月にオープンしたばかりのMakatiのTune Hotels、味気無さそうだったので今回は定宿へ)

朝11時にタクシーでグリーンベルトを訪れた。グリーンベルトにある「SEATTLE’S BEST COFFEE」でパンケーキを食べた。二人で590ペソと高いが、味はそこそこ良い。小生はパンケーキに目がなく朝食に食べたくなったら、ここに来ることにしている。ゆっくり遅めの朝食を楽しんでいると、滝のような雨が降り始めた。実は今回の滞在中ずっとこの雨に泣かされることになる。グリーンベルトやグロリエッタをぶらぶら歩いて回った。いつものマッサージ屋で一時間のボディーマッサージを頼んだ。その後、OUTBACKで巨大なバーガーを食べてビールをたらふく飲んだ。ここは値が張るがバーガーはもちろんサービスの温かいパンまでどれを食べてもうまい。特に、シェークが絶品だった。雨はまだ降り続けており、タクシーで18時半ごろホテルに戻った。早速セックスを開始。Jちゃんに尺八してもらい、彼女はそのまま硬直した生リンガに跨った。騎乗位で一緒に絶頂を迎えた。すぐに二回戦。Jちゃんに覆いかぶさりディープキスしてリンガが立ったところで生挿入した。散々突きまくって最後は彼女の膣に包まれながらリンガはエレクトした。

0334

(セレブ感の漂うグリーンベルト)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。