【2014年1月ゴーゴーバー巡礼パタヤ三夜目】

Pocket

1月4日
ペイバーしたコヨーテ嬢と一緒にホテルで朝食を取っている同僚と合流して小生も宿泊に付随している朝飯を食べた。コヨーテ嬢の帰宅を見送って、小生らはパタヤの街を散策した。その後、昼からゴーゴーバーが開店しているLKメトロへ向かった。昨日ショート部屋で対戦したゴーゴー嬢から、明日ならロングしても良いとお墨付きをもらっていたからである。

『Crystal Club(クリスタル・クラブ)』
13:30-16:30(ショート部屋滞在14:00-15:00)
彼女は、スリムで小さなおっぱいが愛らしくて、目がぱっちりしてるのに鋭い目力で、かわいいのに涼しげな美人で、愛嬌があるのに妖艶で、笑顔が輝いていて、つまり小生はベロベロに彼女に惚れているということである。26歳のコンケーン出身の彼女は、13時から21時までの勤務だ。翌日ならロングしても良いと言った彼女のセリフは営業トークに過ぎず、なんと今日もショートしか出来ないと言う。小生はまんまと罠に嵌ってしまったようだ。結合する気まんまんの小生は、下半身の収まりがつかず彼女の思惑通りにショートで対戦することになった。対戦費用は、昨日と同じくペイバー代800B、部屋代300B、ショート代2000Bである。1時間たっぷり時間を使って彼女と結合し、その後は1階のゴーゴーバーに戻って彼女と一緒に飲んで過ごした。

0446

(ゴーゴーバー『クリスタルクラブ』の2階にあるショート部屋)

ソイ6の置屋
18:00-19:00
同僚にソイ6の置屋街を案内しようとソンテウで向かった。セカンドロード側からソイ6に入り一通り見て回った後、ソイ6中盤にある置屋で同僚が気に入った娘を見つけ、小生も付き添いで一緒にその置屋へ入った。小生の隣に座った20歳の子は小生の好みではなく、同僚の付き合いで入っただけだったがその娘と一緒に飲んでいたらムラムラしてきて結合したくなった。ペイバー代300Bとショート代1000Bで、同僚も小生もショート部屋の世話になることになった。結合してガンガン突いているものの彼女のヨーニは緩くて中折れしてしまった。柔らかくなったリンガを彼女は一所懸命にスモークしてくれるが、気持ち良いと少しでも告げると、動きが素早くなり途端に気持ち良くなくなる。侘び寂びがないのである。小生としてもスモークでもいいので昇天を果たしたいと極めて協力的だったが、気持ち良いと伝えると彼女の動きは雑になり昇天が遠のいた。そんなことが何回か続いた。ファラン仕込みの娘が多いソイ6では、このように興ざめなことがままある。ファランに仕込まれた娘は、侘び寂びを理解しておらず、とにかく激しく素早く動作すれば良いと思っているが、それは大間違いである。ゆっくりした方が気持ち良いんだよと彼女に教えることでようやくスモークで昇天に至った。ただ、長時間諦めずにスモークし続けた彼女の奉仕のココロは本物で、昇天したリンガからお口で精液を吸い取ってくれる姿を見て感動した。

『Office(オフィス)』
20:30-21:00
夜はLKメトロに戻ってゴーゴー巡りである。久しぶりの『オフィス』へ入店した。かなり昔の話だがオープン間もない時期はゴーゴー嬢のレベルが悪くなく、LKメトロで小生お気に入りの店だった。最近の状況を知りたくて入店したが、ゴーゴー嬢のレベルは低かった。ドラフトビアを飲む小生と同僚の元に、一人のレディーボーイのゴーゴー嬢がやってきた。彼女は自己紹介の後、ドリンクをおねだりしてきたが小生は断った。が、小生がトイレに行っている隙にゴーゴーに慣れてない同僚の伝票を勝手に取ってドリンクをオーダーしてしまった。強引で邦人客を舐めているレディーボーイである。以前はお気に入りのゴーゴーだったが、ゴーゴー嬢も音楽も全く楽しめず、行く価値のない店になってしまったようだった。

『Bachelor(バチェラー)』
21:00-21:45
先日は昼間に入店したので、夜の様子を確認するべく『バチェラー』へ。特に気になるようなゴーゴー嬢はおらず、レベルはまあまあ。店内はお洒落だけどステージ真ん中に巨大な柱が二本あって邪魔でしょうがない、という先日と同様の感想だけで店を出た。

『Show Girls(ショーガールズ)』
21:45-23:00
昨日に引き続き『ショーガールズ』へ入店した。音響と低音、選曲は良いものの気になるゴーゴー嬢は見当たらない。隣では同僚が座ったまま寝込んでしまった。音楽を聴きながらアルコールを飲み、まったりと過ごした。

『FunHouse(ファンハウス)』
23:45-0:45
2013年9月オープンの『ファンハウス』へ初潜入である。新しいゴーゴーバーだが店内に真新しさは感じず、音楽、ゴーゴー嬢のレベルを含めて特に感想はない。一人だけステージ上に気になる娘を見つけ、隣に呼んだ。彼女はコヨーテらしいがペイバーは可能とのことだった。19歳でかなりかわいい子である。この日まだ昇天を果たしていなかったら、すぐにペイバーの交渉を始めたに違いない。19歳だが既に2歳の娘がいるようで、さすがタイランドである。

『Oscars(オスカーズ)』
0:45-1:30
2013年12月オープンの『オスカーズ』へ初潜入した。オープンしてまだ1ヶ月も経っていない新しいゴーゴーバーだ。小生と同僚はレディーボーイの標的となり、執拗なドリンクおねだり攻撃を受けるが、小生は手持ちが少なく拒否し続けた。両替し忘れたため、軍資金が尽きてこの日のゴーゴー巡礼は終了した。

0447

(昼間のゴーゴーバー『Oscars』)

0448

(ゴーゴーバー『Oscars』の19時から21時まではハッピーアワー)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。