【結婚届けを出そう?】

Pocket

14時ごろにホテルを出て、プロンポンの食堂で遅い昼食を食べた。Eちゃんは水上マーケットに行きたかったようだが、最終日に言われても計画のしようがなかった。バンコクの主要なお寺はEちゃんも行った経験があるし、小生も行ったことがある。ショッピングモールだと変わり映えしないし行き先がなかなか難しい。そこで思いついたのが、水族館。

広告

BTSでサイアム駅まで行き、「Siam Paragon」の地下にある「Siam Ocean World」に到着した。あまり期待せずに入ったが意外にもしっかりとした水族館で巨大な水槽もあった。なによりEちゃんは写真を激写し続け楽しんでくれたようだ。お土産屋で家族用の土産を買うところが彼女らしいし微笑ましい。次はセットでチケットを購入した蝋人形館「Madame Tussauds」へ。世界の有名人やタイの芸能人が蝋人形になっていて、写真好きのタイ人にはシャッターを押す手が止まらない。小生は2つの施設がセットになったチケットを2人分購入した(1990B)。「Siam Ocean World」は外国人の大人が720B、タイ人の大人が315B。「Madame Tussauds」は外国人の大人が640B、タイ人の大人が315B。驚いたことに外国人はタイ人の2倍の料金である。

0385

(「Siam Ocean World」の入口)

0386

(「Siam Ocean World」のトンネル型水槽)

0387

(蝋人形館「Madame Tussauds」にて)

そこからナイトバザールへ行くためBTSでプンナウィティ駅へ。駅を降りてスクンビット通り沿いを進むも歩いているのは小生とEちゃんだけで寂しい場所だ。本当にナイトバザールがあるのか心配になってきた。10分ほど歩いてナイトバザールのゲートがようやく見えて安心した。しかし、人がいなくて寂しい。時間は20時。平日の夜だからか?スクンビット通りに面したビアガーデンは良い雰囲気だが、褒められそうなのはこれだけだった。ほとんどの店はシャッターが閉まっているか空き店舗で、客も全くいない。寂しすぎる市場だ。Eちゃんも小生もすっかり白けてしまった。集客に完全に失敗しているようだ。1~2年後には、このナイトバザールはもうなくなっているように思った。移転によってわざわざ来る価値は全く無いナイトバザールに成り下がってしまった。ビアガーデンで頼んだ1リットルのチャーンビアは129Bと安かった。1人だけセクシーなボディコンを着たチャーンのビアガールがいた。料理の値段はかなり高めで、食事をしてしまうと結局高くついた。Eちゃんは疲れてもう歩きたくないようで小生も疲れていたので、タクシーを捕まえた。

広告

スクンピット通りを西にわずか10分ほど走ってホテルに着いた。夜も生リンガ情事&中出しで天に召された。「明日の午前中、役所に行って結婚届けを出そう?」とEちゃん。真顔で突然言う彼女の様子は、本気なのか冗談なのか分からない。「小生は構わない。ただ、明日はもう空港に行くので残念ながら時間がないんですヨ」と答えた。

0388

(「SRIPAISIT NIGHT BAZAAR」の入口)

0389

(「SRIPAISIT NIGHT BAZAAR」のビアガーデン)

2013/01/04
朝は生リンガで交わるも中折れしてしまう。12時にチェックアウトしてタクシーでドンムアン空港に向かった。ドンムアン空港にエアアジアのチェックインマシンが設置されており、預け荷物も無い小生は、すぐにチェックインを終えた。出発時間までコーヒーショップで過ごすことに。財布に残った3000BをEちゃんに渡した。Eちゃんが恋しくなると伝えると、寂しいときは電話してねと落ち着いたコメントだ。Eちゃんはいつも別れ際はあっさりしている。小生だけが名残惜しい態度だ。出国ゲートに入るときもキスをねだると人が多くて恥ずかしいからメダイと。それでも懇願すると軽くキスしてくれた。なかなかゲートをくぐらない小生に早く行きなさいと仕草するEちゃん。これがフィリピンだと感情的な別れ際なのだが、と毎度の感想を抱きながら出国ゲートに入った。

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。