【中国河口でベトナム娘たちの神髄を知る!】

Pocket

いったん外に出てトイレに行ってから、エレベーターでまた3階へ向かった。アイドルちゃんの在籍する置屋へ行ったがやっぱり彼女はいない。その置屋で別の娘に執拗に誘われたが、あまり好みじゃなかったので遠慮しておいた。廊下に出たところで隣の置屋の子にも捕まった。この子はなかなか可愛い。年齢を聞くとむおいばいとのこと。小柄で顔が小さくて可愛い娘だ。この子の置屋に拉致されることにした。個室に案内され中に入ると、河口初日の2戦目の部屋だった。

広告

可愛いしニコニコしてるのも素晴らしい。向かいあってお互いサワサワ。接吻をしようと顔を近づけると唇を重ねてくれた。彼女に寝かされてB地区舐めを甘受した。とても気持ち良い。おもむろに彼女はリンガを咥えた。尺八もうまい。竿の下腹部を唇でなぞったりタマを舐め上げたり技が多彩だ。ベトナム娘ってすごい。ホスピタリティだったり奉仕の精神だったり他のアジア系とは一味違う。こんなに可愛くてまだ若い子がとても丁寧かつ長々とに尺八をやってくれる。次に彼女を寝かせてディープキスしながら生リンガを入れようとするも、ヨーニが濡れていないし開いていないので入らない。彼女の下半身に向かっても拒否されなかったのでヨーニを口に含んだ。光がさす明るい個室で娘の股に顔を埋めヨーニを味わいつつ、白くて柔らかい肌と程良い大きさのおっぱい山を二つ眺める絶景かな。マシーンのように淡々と豆を舌で刺激する。やがて彼女は体を仰け反らせて絶頂を迎えたようだった。彼女に引き寄せられ、生リンガのまま挿入した。異常に気持ち良い。ベトナム娘たちは喘ぎ声もしっかり鳴くし、苦しそうで切ないところがすごく興奮する。ひとしきり突いて、彼女が何度か絶頂に達したのを確認した。小生も昇天しそうなところで抜いて膣外射精で果てた。彼女は最後まで笑顔でニコニコだった。情熱的なディープキスもあった。もっと早く会っていたら毎日彼女に会いに行っていただろう。発掘すれば逸材がどんどん見つかる。ベトナム娘の素晴らしさと層の厚さを実感した。リンガには疲労感。3発でもう満足である。最終日は意図せず生の3発だった。

14時ごろにミニバスで街に戻った。ホテルに向かって歩いてるとなんとアイドルちゃんにばったり会った。河口の女神はなんてにくい演出をするのか。アイドルちゃんも小生と会ったことに驚いているようだった。今日が最終日でもう日本に帰ることを彼女に伝えた。彼女は今日は働いていないと教えてくれた。道理でこの日置屋に何度行っても会えなかった訳だ。最後に会えて嬉しかった。これまでの御礼の意味でチップ100元をあげた。その後はバイバイした後もラブラブのチャットが続いた。置屋の出会いは一期一会。ぜひアイドルちゃんと再会を果たしたいが叶うだろうか。

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。