【中国国際航空で北京を経由してヤンゴンへ】

Pocket

2016/11/02
正午過ぎの12時半に羽田空港に到着した。これから初めての中国国際航空に乗って、北京経由でヤンゴンに向かう。中国国際航空のカウンターでは並ぶことなくチェックイン手続きとなり、ミャンマーのビザ書類を求められて今回もeVisaで取得してプリントアウトしたビザの紙を提示した。嬉しいことに北京からヤンゴン行きの航空券も発券してくれた。手荷物検査場もイミグレもガラガラで通過。ゲート付近の椅子に座って登場開始を待った。以前は無かったような気がするが、椅子にコンセントが備え付けられておりスマホの充電をしながら待機できるのは有難い。13:40に予定通り搭乗開始。座席は2-4-2の配列で、予約時に座席指定できるので小生は窓側を選んだ。ほぼ満席の機内だった。定刻通り14:20に出発。

Haneda Airport

(羽田空港の国際線ターミナルにて)

広告

座席にはモニターがあり、割と新しい映画も観れる。ベルト着用ランプが消えるとドリンクの配給が始まり、トマトジュースを飲んだが普通に美味しい。次に食事の配膳。シーフードとビーフが選べるとのことでビーフを選んだ。食事も割と美味しいし、ビールも飲める。今回の中国国際航空の北京経由ヤンゴン行き往復航空券は約38,000円と安かった。LCC並みもしくはLCCを下回る値段で映画を観れて食事も出るしスターアライアンスのマイルもつく。ビールを飲みながらインデペンデンスディの新作映画を観ていると、中国国際航空は初めてで身構えていたがもうLCCのコスパをはるかに超えてると思った。

Air China

(中国国際航空の航空券は安かったが個人モニターがちゃんとある)

Air China

(羽田発北京行フライトの機内食はおいしかった)

Air China

(ビールは中国有名メーカの缶ビールだった)

4時間のフライトを経て17時過ぎのほぼ定刻に北京に到着した。11月の北京はやっぱり寒い。上空から北京の空港を見ているとやたら巨大なのが分かった。搭乗機から降りてゲート付近で政治家の岡田克也を見かける。さすが政治家、VIPの別ルートでの入国のようだ。小生と同じような乗り継ぎ客が多いようで、乗継用通路に次々と人が入っていく。トランジット用のゲートでヤンゴン行き搭乗券のチェックを受け、その後、手荷物検査を通過することで、到着フロアから出発フロアへ移動することができた。今回到着したターミナル3だけでも非常に巨大だ。ターミナルは真新しくてきれいだし洒落ている。ヤンゴン行きもターミナル3なのでターミナル間の移動なく簡単だった。ターミナル間の移動のために専用の電車が走ってるようだ。

Beijing Airport

(トランジット客が多いようで乗り換えの案内掲示板があった)

Beijing Airport

(このターミナルだけで40以上もゲートがある)

Beijing Airport

(ターミナル内には高級ブランドのショップもある)

ヤンゴン行きの中国国際航空に搭乗した。3-3の座席配列。乗客はみんな手荷物がいっぱいで機内は大混雑だ。座席上の収納スペースがすぐに満杯になり、荷物を入れる場所がなくて乗客たちが右往左往している。全員が着席するまで時間がかかり、そのせいで定刻は19:00だったが出発が遅れた。手荷物がみんな大量で機内がカオスになるのはアジアではたまにあることだ。人気のある路線なのか満席だった。ヤンゴン行きのフライトでは個人モニターは無し。離陸してベルト着用サインが消えたらドリンクの配給となった。その後は食事の配膳で、シーフードと肉を選べたので肉を選んでみた。ビールはないそうでワインはあると言う。北京発ヤンゴン行きの方が5時間20分とフライト時間が長いが、モニターの有無と言い、食事の内容と言い、ビール無しと言い、ヤンゴン行きはまるで中国国内線のような扱いだ。

Air China

(北京発ヤンゴン行の機内食はグレードが下がる印象)

23時にヤンゴンに到着した。イミグレで若干並んで入国を果たし、ターンテーブル付近のATMで30万チャットを下した。3台並ぶATMのうち右側しか稼働していなかったが、有り難いことに1万チャット札で出金された。前回は真ん中のATMで出金したが5000チャット札で出てきたため札束の厚みが凄かった。タクシーカウンターで、Agodaで予約しておいたホテル「Esperado Lake View Hotel(エスペラード・レイク・ビュー・ホテル)」を告げると8000チャット(約730円)とのこと。タクシーの中で前回入手したミャンマーのSIMカードをスマホに刺すと難なく使えた。まだ期限切れではなかったようだ。

広告

ホテルで23:45にチェックイン。早速LINEでIちゃんに電話した。向こうの電波状態が悪いのか画面上に回線が不安定との表示が出て、ほとんどまともに会話できない。LINEの通話とチャットでなんとかコミュニケーションを続けて、Iちゃんは小生のホテルに来ると言ってくれたが、しばらくして明日で良いかというメッセージが来た。今夜Iちゃんに会えないとなると、ここから近い有名ディスコのJJへ行くことも考え始めた。が、その後、これから行くとの連絡があり、どうやらタクシーを確保できたらしい。1階のロビーで彼女の到着を待った。20分ほど待っていると彼女が現れた。会いたかったIちゃんが目の前にいる。時刻はもう1時ごろだった。フロントでIDカードを預けて部屋へ。なお、最終日にチェックアウトしてから分かったことだが、Iちゃん曰くそのIDカードはママさんの子供のものとのこと!

Iちゃんはこの日故郷のバゴーから16歳の妹を連れてヤンゴンに戻って来たところらしい。妹は「エンペラー」で働かないが一カ月間ヤンゴンに滞在するとのこと。妹の名前はエーエーテー。Iちゃんは12月3日が誕生日で、20歳になると言う。先月初めて出会ったときに20歳と聞いていたが、本当は19歳だったらしい。Iちゃんのお父さんとお母さんの年齢を聞くと45歳、その若さに驚いた。Iちゃんが所属するママさんは46歳で、その旦那は30歳というから金の力で若いツバメを捕まえたのだろうと思った。会話は尽きなかったが小生が先にシャワーを浴び、その後彼女もシャワーを浴びた。部屋を暗くして天国への入国開始。舌を絡め合いながら彼女の体を撫で回した。ヨーニを指で愛撫しようとしたらやんわり手を戻された。触られるのはあまり好きじゃないようだ。リンガは硬直しっぱなし。唇を重ねつつリンガでヨーニを刺激して徐々に彼女の中に入った。彼女と繋がった後は散々突いてから彼女の中で果てた。結局、寝たのは3時過ぎだった。

広告

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。